認知症

  1. どんな人も自分の人生の主役! せっかくならば“家族が読みたくなる”自分史を書きませんか?

    株式会社EDITORS(東京・世田谷/代表取締役:渡邊真人)は、「自分史を書きたいけど書けない」、「家族の自分史が読みたいけど書いてくれない」という方のお悩みを解決する書籍『家族が読みたくなる 自分史の書き方』を株式会社二見書房(発売元)…

  2. 【九州地方で初導入】脳の健康状態を“見える化”。認知機能低下の予防に向けた脳ドック用AIプログラム+認知機能検査「Brain Life Imaging® +」が桜十字福岡病院で導入

    記憶や学習にかかわりの深い「海馬」領域の体積を測定し、脳の健康状態を「見える化」し、脳の健康によい…

  3. 脳科学の第一人者・川島隆太教授が監修! 1日10分で記憶力と集中力を復活させるドリルが発売。

    脳を使わない生活が記憶力の低下や老化の原因にみなさんは普段、どれくらい脳や体を働かせていま…

  4. 高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌『レクリエ 11・12月』

    『レクリエ 11・12月』では、手・指の動きを滑らかにするレクリエーションを特集。また、紅葉、クリスマス、お正月飾りと、季節を感じる製作レクを提案します。

    ■手・指を使うレクで、日常生活動作の改善を!食事や着脱、入浴など、さまざまな生活場面で手・指の動き…

  5.   認知症コミュニケーションロボットの開発販売と認知症介護施設の運営展開 / ザ・ハーモニー株式会社、シードラウンドでの資金調達を実施

    認知症コミュニケーションロボットの開発販売と認知症介護施設の運営展開 / ザ・ハーモニー株式会社、シードラウンドでの資金調達を実施

      認知症コミュニケーションロボットの開発販売と認知症介護施設の運営展開 / ザ・ハーモニー株式会社、シードラウンドでの資金調達を実施

  6. ダンスのような、介護のような「とつとつダンス」オンライン トーク・セッション 認知症高齢者とのダンス・音楽によるコミュニケーションの可能性

  7. 「しりとりBINGO」で楽しくコミュニケーションを実現 印刷会社ができる社会貢献として、親子が家で遊びながら考える力を育むゲーム「しりとりBINGO」を企画・ 販売開始!認知症予防にもおすすめです!

  8. 意外と知られていない認知症のデメリットその1:病気にかかりやすく、治りにくくなる

カテゴリー

おすすめ記事

やっぱり大切お金に関する記事一覧

PAGE TOP