終活&葬儀

葬儀社に依頼する前に知っておきたいこと 種類や流れ   おとなナビ博多

葬儀の種類

日本人の約9割が、僧侶の読経を伴う仏式で行っていますが、最近は、形式や世間体を気にしたお葬式より、故人らしい葬儀を志向する傾向が強くなってきています。
葬儀の形式の種類には、仏式や神道式、キリスト教式など特定の宗教による形式と、無宗教の形式によるものがあります。無宗教の葬儀には、自由葬、音楽葬、お別れ会、偲ぶ会、生前葬と呼ばれているものがあります。
また、葬儀の規模を表すものとしては、密葬、家族葬、直葬、社葬などがあります。
葬儀にはどんな種類があるのか事前に調べておくと、葬儀社との打ち合わせのときに役立ちます。

「家制度」が確立されてた戦後は、世間体を気にしたり、見栄の張り合いが横行し、立派に故人を送り出すことが遺族の務めとされてきました。

しかし、葬儀事情もいろいろな角度から変貌してきました。

生前中に葬式の話をするのは、とんでもないこととされていた事が、今では自分が死んだ場合に家族が慌てない様に、葬儀についての細かな事柄を伝えておきたい(エンディングノート)と考える人が増えてまいりました。

小規模葬儀イメージ

自分の意思として人に迷惑をかけたくない、家族には経済的にも負担をかけさせたくないとの理由から「質素にあげてくれ」「誰も知らせずに家族だけで見送って欲しい」といった心の変化があらわれてきたのも事実です。

家族側からすると、人間関係の気遣いに疲れ、心をこめて故人を見送ったつもりでいても親戚縁者から誹謗中傷を受けたり、無理して多額の費用をかけて故人を送り出しても、生活の困窮を余儀なくされる結果となります。

また、核家族社会により故人の友人、知人との接点がなく訃報を知らすべき手立ても無いといった現状や、高齢化により故人の兄弟姉妹も他界しており、親戚縁者も遠方なので出席してもらうのも気の毒との理由から葬儀の形態も小規模な葬儀に変貌し、家族だけで周りを一切気にせず故人と語らいあえる時間の大切さを尊重し、或いは限られた少人数でいいから心のこもった葬儀をしたいという声が高まってきました

今や大規模な葬儀は影を潜め、都市部では小規模な葬儀が7割超を占めているのが現状です

葬儀の法律

法律では、「死亡後24時間を経過した後でなければ、火葬してはいけない」「墓地以外の区域に埋葬、埋蔵してはいけない」といった規定はありますが、儀式に関する法的規制は一切ありません。こだわりたいことがあれば、どのような葬儀を行いたいかのイメージを明確に持っておくことが重要です。

 お葬式

葬儀・告別式

お葬式は、葬儀・告別式と一般には言われますが、本来、葬儀と告別式は別の儀式です。
葬儀は故人を葬るために行われる宗教的な儀式で、告別式は故人と親交のあった人たちが最後のお別れをするために行う儀式です。葬儀は必ず宗教儀礼にのっとった儀式ですので、宗教色のないお葬式は、告別式だけのお葬式ということになります。
しかし最近は、大規模な葬儀以外は、葬儀と告別式を同時に行うことが多く、一般会葬者も葬儀から参列します。また、一般会葬者が日中の葬儀・告別式よりもお通夜に弔問することが多くなっています。

お通夜

お通夜とは、本来は、葬儀の前夜、故人とごく親しかった人たちが一晩中故人に付き添い、最後の別れを惜しむ儀式でした。
しかし現在では、一般会葬者が日中の葬儀・告別式よりも出席しやすいお通夜に弔問することが多くなったこともあり、午後6時ごろから、1~2時間程度に時間を限って読経、焼香を行う半通夜が一般的です。

仮通夜

仮通夜とは、亡くなった夜に近親者だけで遺体を守って一夜を明かすことです。
特に、死亡日からお通夜まで日にちが開く場合は、近親者だけで仮通夜を行うことがあります。
仮通夜でも、本来は僧侶を招き、読経をしてもらっていましたが、最近は省略することも多くなっています。仮通夜は身内だけで行いますので、正式な喪服も必要ありません。

密葬

密葬は、一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀のことです。通夜、葬儀・告別式の日時や場所を他人に知らせずに内々でおこないます。
本来は、大きい社葬を行う場合や、年末年始に死亡した場合に、ひとまず近親者だけでお別れをし、火葬をすませることを密葬といっていましたが、最近では、本葬を行わず密葬だけで終わりにするケースも増えてきました。

家族葬

家族葬は、必ずしも近親者だけで葬儀を行うということではなく、故人と親しかった親族や友人だけで、ゆっくり故人を偲びお別れをする規模の小さな葬儀のことです。
親しい人たちだけの葬儀で、義理や付き合いでの気兼ねをすることがないので、故人とのお別れに重点を置いた内容となります。宗教、無宗教を問わず、とくに決まった形式があるわけではなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いして葬儀を行います。
最近は、故人をよく知っている人たちだけで心を込めて見送りたい、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、家族葬は年々増加傾向にあります。
もともとは、通夜というのは、家族やごく親しい人たちだけで故人とのお別れを惜しみ、最後の時を過ごす為のものでした。ところが今は、社会事情の変化で葬儀当日にお別れがしたくてもそれが出来ないので、通夜に参列するようになり、通夜と葬儀が同じ形になり、家族にとっては、故人との別れがゆっくりできなくなり、周りに気をつかいすぎて身体をこわしたり、葬儀費用もそれなりに高額となり、経済的にも大変なことから、必然的に誕生した葬儀形態といえるでしょう。
都市部では、10件に7件超の割合で家族葬が普及しています。

なぜ家族葬がここまで伸びてきたのか。それなりの理由があるようです

●家族・親族だけで出来るので自宅で行う場合でも、家具や調度品などの移動を特にしなくても良い。
●葬儀ホールの拡がりで、地域住民の人々に知られず葬儀ができる。
●家族だけで出来るので、周りを気にせず心静かに、故人についての思い出を語り合える。
●経済的に負担が少なくてすむ。
●故人の友人・知人は高齢であったり死亡したりしている。

実際に行われている家族葬は

●少人数で出来る家族葬といっても家族や親族の他に、故人が生前お世話になった人達が参列して30人~50人規模が普通のようです。

気をつけなければいけない点

●ご出席をしていただく親戚の人には予め、充分に納得し、理解をしていただく必要があります。
●お呼びかけしないご親戚或いは友人・知人に対しては、葬儀終了後早々に「故人生前の遺志により」との理由でこの旨をご通知申し上げるのが良いでしょう。

●親族や友人にどこまで知らせるかを慎重に決めなければなりません。後で知らせなかった人から責められることもあります。
●後から死亡を知って弔問に訪れる人も予想されますので、その対応を考えておかなければなりません。

親しい人たちだけの葬儀で、義理や付き合いでの気兼ねをすることがないので、故人とのお別れに重点を置いた内容となります。宗教、無宗教を問わず、とくに決まった形式があるわけではなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いして葬儀を行います。
最近は、故人をよく知っている人たちだけで心を込めて見送りたい、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、家族葬は年々増加傾向にあります。

直葬(火葬のみ)

直葬(ちょくそう)は、通夜・葬儀はおこなわず、また親族にも知らせず、遺族だけで故人を見送ります。荼毘に付してから親族に知らせるのが一般的です。
以前は、経済的に難しいとか、身寄りがいないといった場合に限られていましたが、最近は、簡素な送り方を望む人や、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、直葬は年々増加傾向にあります。
直葬は無宗教で行うこともできますが、仏式の葬儀のように、火葬時に僧侶の読経を依頼して行うこともできます。

直葬

死亡確認された時点ですぐには火葬はできません

死亡後24時間経過しないと火葬は出来ませんので、実際はご遺体を一定の場所にご安置し、納棺の儀をした上で、荼毘に付すのが通例です。

なぜ、こうした葬送の形が誕生してきたのか、それなりの理由がある様です

●故人生前中に、自分の葬儀はしなくても良いと家族に伝えている。
●身寄りのない人が増えている。
●家族と親族とが仲が悪い。
●経済的に余裕がない。

直葬の場合、葬儀に参列してお別れをしたかった親族や友人への対応を考えておく必要があります。誤解のないように、葬儀を行わなかった旨の連絡が必要となります。
また、後日いつまでも弔問に訪れる人が続いて、簡単に済まそうと考えたのに、逆に大変になってしまったというケースもあるようです。
菩提寺とのお付き合いがある場合に直葬を行う際は、特に注意が必要です。
戒名やお布施の問題も関わってきますので、菩提寺とは事前に相談しておいた方がよいです。

社葬・団体葬

社葬は、会社の社長や会長などが亡くなった時や、社員が殉職した時などに、会社が主催して行う葬儀で、会社が費用を負担し運営に責任を持ちます。
大規模の葬儀が多いため大きい斎場の確保が必要となります。
遺族と会社が合同で行う場合は合同葬といいます。また、会社以外の団体が主催する場合は団体葬といいます。

仏式葬

仏式葬は、日本人の約9割が行っている最も一般的なかたちで、僧侶の読経で見送る葬儀です。
菩提寺がある場合は必ず事前に連絡をして、葬儀の日程や戒名、お布施の金額などの打ち合わせを行います。
菩提寺が遠くて僧侶に来ていただけない場合は、同じ宗派の僧侶を紹介してもらうようになりますが、戒名は菩提寺からいただくようにします。
菩提寺がない場合は、葬儀社と相談して、実家の宗派に合わせた僧侶を紹介してもらい、戒名や読経を依頼します。

神式葬・キリスト教式葬

神道式で行う葬儀を神葬祭といい、神社の神官が執り行います。一般に神社では葬儀は行いませんので、自宅か斎場を使います。
キリスト教式葬は、教会の神父や牧師が執り行います。葬儀の場所は教会や斎場で行います。

無宗教葬・自由葬・音楽葬

無宗教葬は、仏式、神道式、キリスト教式などの特定の宗教にとらわれない自由なスタイルの葬儀のことです。

自由な形とは

●故人の故郷・生い立ち・仕事ぶり・趣味・好きだった音楽・社会的功績等々予め葬儀社と打ち合わせをします。
思い出の展示

●葬儀の進行は葬儀社にまかせて、故人が好んだ音楽をBGMで流しながら、周りに気を使わず故人との思い出を語り、或いは感謝し、誓の言葉として心に刻む時間をつくれる。
●仏式葬も最近では、寺院をお呼びすると後の忌明け法要までおつきあいを求められ費用がかさむとの理由で寺院による読経を省略し、そのかわり読経のテープを流しながら葬儀を希望される葬家様もおられるようです。
●式場には故人のアルバム、愛用品、趣味の工芸品などを展示したりします。
形式が決まっていないため自由葬ともいわれ、葬儀というよりも、告別式、追悼式というべき形式です。焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、思い出の曲やビデオを流すことが多いようです。
また、故人が生前好きだった曲や関係の深かった音楽を式場に流すなど、音楽を中心に行う葬儀のことを音楽葬といいます。
最近は、信仰を持たない人や仏教形式の葬儀に違和感を持つ人が増えてきたこともあり、無宗教葬は年々増加傾向にあります。
無宗教葬は決まった形がないだけに、故人にふさわしい送り方をどのように表すか、葬儀社ともよく相談して、参列者にも違和感なく受け入れられる形にする必要があります。

特定の宗教、宗派による葬儀をおこなわずに、又は形にとらわれることなく自由な形で故人を偲び見送ってあげたい。故人の生き様を通して故人も喜ぶであろう。
最近こうした考え方が葬儀の形態の選択肢の1つとして増えてきました。

お別れ会・偲ぶ会・ホテル葬

無宗教で行う告別式を、一般に、お別れ会、偲ぶ会などといいます。
近親者だけで密葬を済ませ、後日改めて本葬や社葬を、お別れ会、偲ぶ会としてホテルなどで行うこともあります。遺族以外の友人などが呼びかけ人となる場合もあります。
また、ホテルで行う葬儀のことをホテル葬といいます。

自然葬・散骨・樹木葬

自然葬は、海や山、川などに散骨し、自然にかえすことで故人に別れを告げる弔い方です。
通常の葬儀を済ませ、後日簡単な儀式と共に散骨することが多く、遺骨の一部をまく場合と全部をまく場合があります。散骨は、扱いのある葬儀社を通して依頼することができます。
樹木葬とは、墓地として許可された山の中に遺骨を埋め、好きな樹木を植える埋葬の方法をいいます。

生前葬

生前葬は、本人が元気なうちに、自分の葬儀を自分自身で行う葬儀の形式です。
縁のある人やお世話になった人を招いて、お別れとお礼を述べるのが目的です。
本来は出席できないはずの自分の葬儀に参加し、思い通りのやり方で葬儀を進行できるのが特徴です。

関連記事

  1. 葬祭費の給付金額 福岡市
  2. 葬儀の費用     おとなナビ博多
  3. 皆野英蔵の映像お役立ち情報 「4Kテレビ、私ならこうする!」 映…
  4. お通夜・葬儀の流れ     おとなナビ博多
  5. 社葬・団体葬の基礎知識    おとなナビ博多
  6. すぐに役立つ葬儀の流れと知識 まとめ
  7. 「葬儀の達人」が見つけた究極のセレモニー 伝統→価格重視→こだわ…
  8. 香典返し 時期について考える  おとなナビ博多

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP