終活&葬儀

葬儀の種類を知ろう!   おとなナビ博多

葬儀の種類

日本人の約9割が、僧侶の読経を伴う仏式で行っていますが、最近は、形式や世間体を気にしたお葬式より、故人らしい葬儀を志向する傾向が強くなってきています。
葬儀の形式の種類には、仏式や神道式、キリスト教式など特定の宗教による形式と、無宗教の形式によるものがあります。無宗教の葬儀には、自由葬、音楽葬、お別れ会、偲ぶ会、生前葬と呼ばれているものがあります。
また、葬儀の規模を表すものとしては、密葬、家族葬、直葬、社葬などがあります。
葬儀にはどんな種類があるのか事前に調べておくと、葬儀社との打ち合わせのときに役立ちます。

葬儀の法律

法律では、「死亡後24時間を経過した後でなければ、火葬してはいけない」「墓地以外の区域に埋葬、埋蔵してはいけない」といった規定はありますが、儀式に関する法的規制は一切ありません。こだわりたいことがあれば、どのような葬儀を行いたいかのイメージを明確に持っておくことが重要です。

葬儀・告別式

お葬式は、葬儀・告別式と一般には言われますが、本来、葬儀と告別式は別の儀式です。
葬儀は故人を葬るために行われる宗教的な儀式で、告別式は故人と親交のあった人たちが最後のお別れをするために行う儀式です。葬儀は必ず宗教儀礼にのっとった儀式ですので、宗教色のないお葬式は、告別式だけのお葬式ということになります。
しかし最近は、大規模な葬儀以外は、葬儀と告別式を同時に行うことが多く、一般会葬者も葬儀から参列します。また、一般会葬者が日中の葬儀・告別式よりもお通夜に弔問することが多くなっています。

 

お通夜

お通夜とは、本来は、葬儀の前夜、故人とごく親しかった人たちが一晩中故人に付き添い、最後の別れを惜しむ儀式でした。
しかし現在では、一般会葬者が日中の葬儀・告別式よりも出席しやすいお通夜に弔問することが多くなったこともあり、午後6時ごろから、1~2時間程度に時間を限って読経、焼香を行う半通夜が一般的です。

 

仮通夜

仮通夜とは、亡くなった夜に近親者だけで遺体を守って一夜を明かすことです。
特に、死亡日からお通夜まで日にちが開く場合は、近親者だけで仮通夜を行うことがあります。
仮通夜でも、本来は僧侶を招き、読経をしてもらっていましたが、最近は省略することも多くなっています。仮通夜は身内だけで行いますので、正式な喪服も必要ありません。

密葬

密葬は、一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀のことです。
本来は、大きい社葬を行う場合や、年末年始に死亡した場合に、ひとまず近親者だけでお別れをし、火葬をすませることを密葬といっていましたが、最近では、本葬を行わず密葬だけで終わりにするケースも増えてきました。

 

家族葬

家族葬は、必ずしも近親者だけで葬儀を行うということではなく、故人と親しかった親族や友人だけで、ゆっくり故人を偲びお別れをする規模の小さな葬儀のことです。
親しい人たちだけの葬儀で、義理や付き合いでの気兼ねをすることがないので、故人とのお別れに重点を置いた内容となります。宗教、無宗教を問わず、とくに決まった形式があるわけではなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いして葬儀を行います。家族葬とは、基本的に遺族や親族のみで執り行う葬儀を指します。
家族葬では一般会葬者は参加せず、遺族・親族以外では特別縁の深い人くらいしか参加しません。
家族葬の場合、一般葬と比べて会葬者が少なく会場の規模も小さくなるため、葬儀費用は一般葬に比べて70万円~100万円程度と安くなります。
しかし、身内のみで行うという関係上、参列できなかった人に対するフォローは必要になります。
最近は、故人をよく知っている人たちだけで心を込めて見送りたい、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、家族葬は年々増加傾向にあります。
家族葬や密葬だけで終わりにするときには、いくつかの注意点があります。
親族や友人にどこまで知らせるかを慎重に決めなければなりません。後で知らせなかった人から責められることもあります。
また、後から死亡を知って弔問に訪れる人も予想されますので、その対応を考えておかなければなりません。

 

直葬(火葬のみ)

直葬(ちょくそう)は、葬儀を行わないで、近親者や友人など限られた関係者だけが火葬場で故人に別れを告げる弔い方です。
以前は、経済的に難しいとか、身寄りがいないといった場合に限られていましたが、最近は、簡素な送り方を望む人や、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、直葬は年々増加傾向にあります。直葬は、現在一般的に行われている葬儀のなかでは最もシンプルな葬儀形式です。
別名火葬式ともいわれる通り、通夜や告別式などの葬儀を行わず、火葬のみを行います。
場合によっては読経などの宗教儀式を一切行わないこともあるため、宗教にとらわれない自由な葬儀であるともいえます。
近年は宗教観が薄れていることもあり、徐々に利用者が増えているようです。
しかし、直葬は火葬だけを行うものであるため、後になってきちんと供養できたか不安に思うこともあるようです。
菩提寺がある場合に直葬を行うとその墓地に埋葬できないこともあるので、合わせてよく考えなければいけません。
直葬は無宗教で行うこともできますが、仏式の葬儀のように、火葬時に僧侶の読経を依頼して行うこともできます。
直葬の場合、葬儀に参列してお別れをしたかった親族や友人への対応を考えておく必要があります。誤解のないように、葬儀を行わなかった旨の連絡が必要となります。
また、後日いつまでも弔問に訪れる人が続いて、簡単に済まそうと考えたのに、逆に大変になってしまったというケースもあるようです。
菩提寺とのお付き合いがある場合に直葬を行う際は、特に注意が必要です。
戒名お布施の問題も関わってきますので、菩提寺とは事前に相談しておいた方がよいです。

 

社葬・団体葬

「社葬」「団体葬」とは規模の違いではなく、葬儀の費用を負担し、運営の責任を負うのが企業(団体)であれば、それが「社葬(団体葬)」です。

社葬には、死亡直後に葬儀だけ執り行なうケースもありますが、大型の葬儀が多く準備期間が必要となりますので、最近の傾向としては、死亡直後に遺族中心の個人葬(密葬)を営み、2~4週間後に改めて社葬(お別れ会方式なども含む)を行うことがよくあります。

 

神式葬・キリスト教式葬

神道式で行う葬儀を神葬祭といい、神社の神官が執り行います。一般に神社では葬儀は行いませんので、自宅か斎場を使います。
キリスト教式葬は、教会の神父や牧師が執り行います。葬儀の場所は教会や斎場で行います。

 

無宗教葬・自由葬・音楽葬

無宗教葬は、仏式、神道式、キリスト教式などの特定の宗教にとらわれない自由なスタイルの葬儀のことです。
形式が決まっていないため自由葬ともいわれ、葬儀というよりも、告別式、追悼式というべき形式です。焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、思い出の曲やビデオを流すことが多いようです。
また、故人が生前好きだった曲や関係の深かった音楽を式場に流すなど、音楽を中心に行う葬儀のことを音楽葬といいます。
最近は、信仰を持たない人や仏教形式の葬儀に違和感を持つ人が増えてきたこともあり、無宗教葬は年々増加傾向にあります。
無宗教葬は決まった形がないだけに、故人にふさわしい送り方をどのように表すか、葬儀社ともよく相談して、参列者にも違和感なく受け入れられる形にする必要があります。

 

お別れ会・偲ぶ会・ホテル葬

無宗教で行う告別式を、一般に、お別れ会、偲ぶ会などといいます。
近親者だけで密葬を済ませ、後日改めて本葬や社葬を、お別れ会、偲ぶ会としてホテルなどで行うこともあります。遺族以外の友人などが呼びかけ人となる場合もあります。
また、ホテルで行う葬儀のことをホテル葬といいます。

 

自然葬・散骨・樹木葬

自然葬は、海や山、川などに散骨し、自然にかえすことで故人に別れを告げる弔い方です。
通常の葬儀を済ませ、後日簡単な儀式と共に散骨することが多く、遺骨の一部をまく場合と全部をまく場合があります。散骨は、扱いのある葬儀社を通して依頼することができます。
樹木葬とは、墓地として許可された山の中に遺骨を埋め、好きな樹木を植える埋葬の方法をいいます。

 

生前葬

生前葬は、本人が元気なうちに、自分の葬儀を自分自身で行う葬儀の形式です。

当然のことではありますが、自分の葬儀に自分自身が参加することはできません。
しかし、それを可能にするのが「生前葬」と呼ばれる葬儀です。

 

葬儀の形式

「宗教葬(仏式・キリスト教・神式)」か「無宗教葬(音楽葬・自由葬)」なのかを決める必要があります。
原則:故人が生前に信仰していた宗教・宗派に合わせましょう。
例外:先祖代々のお墓に納骨する場合は、菩提寺に合わせましょう。
無宗教葬なら、伝統的な葬儀の知識はもちろん、現代葬儀の感覚に理解・対応できる高度な知識と経験がある葬儀社を選ぶ必要があります。

葬儀社の種類

葬祭業は許認可制ではありませんので、だれでも自由に新規参入ができる業界です。
最近は新規参入の企業も多く、企業間の競争も激化しています。
いい葬儀を行うためには、規模が大きい小さいにかかわらず、いい葬儀社を選ぶことが大切です。多様化する数多い葬儀社の中から、短時間で依頼する葬儀社を選ぶことはなかなか難しいものです。事前に葬儀社の形態や特徴を調べて、担当者と相談しておくことが重要となります。

一般葬儀社

葬儀社のなかでもっとも割合が多いのが、葬儀を専門に扱う一般の葬儀社です。従来通り顧客が店舗に赴き契約を交わすタイプの提供元です。
長く地域に根ざした葬儀社なら、地域の慣習にも詳しく便利です。
規模については、家族経営の小さな葬儀社から、都道府県をまたいで多数の事業所を持つ葬儀社まで多岐にわたります。
斎場(セレモニーホール)を自社で持っている葬儀社と、持っていない葬儀社がありますが、首都圏では寺院や公営斎場を利用することが多いため、斎場を持っていない葬儀社も多いです。
また最近は、低料金をうたう無店舗の葬儀社もありますが、信頼できるかどうか見極めることが大切です。
最も馴染みの深いもので、一般的に葬儀サービスの提供元といえばこのタイプを連想する人も多いでしょう。
この葬儀専門業者には、以下のような特徴があります。

 

メリット
・対面で契約を交わすため、安心感がある
・経営年数が長い、一般的な認知度が高いといった業者も多い
・地元密着型の業者であれば、地域に合わせた葬儀をやりやすい

デメリット
・葬儀費用は比較的高めの傾向がある
・特定の地域にのみ展開している場合が多い

チェックポイント
主要の3プランについては問題なく対応している所もありますが、費用の安い直葬プランは対応していない場合や、プランの内訳や費用は葬儀社によって変わる事は注意が必要です。

病院指定葬儀社

病院と搬送契約を結んでいて、病院で死亡した場合に紹介される葬儀社のことです。
搬送とは、病院から自宅などの安置先に遺体を運ぶことです。
病院から紹介された葬儀社には、遺体の搬送だけを頼むこともできます。搬送してもらったからといっても、必ず葬儀を依頼しなければならないことはありません。

冠婚葬祭互助会

互助会は、会員が毎月一定の掛け金を積み立てて、葬儀の生前予約を行う形となります。
高額な支出が必要となる時に備えておくという点では安心感があるでしょう。

互助会を運営するには経済産業省の認可が必要であり、一般的な葬儀社とは少し異なる形態といえます。
しかし、互助会といってもあくまでも民間の営利団体で、サービス内容は各互助会によって異なります。また、積立金で葬儀のすべての費用がまかなえる訳ではないので、積立金でどこまでできるかの確認が必要です。
割賦販売法の適応を受けるので、互助会が倒産しても積立金の半分は保全されますが、それでも全額が保証されている訳ではありません。解約もできますが、手数料が必要になります。
互助会には、以下のような特徴があります。

メリット
・毎月決まった額を積み立て、その積立金を冠婚葬祭に利用できる
・自社で斎場を持っていることも多く、比較的設備が整っている
・役務保証機構制度により、現在の互助会がサービスを施行できなくなった場合でも、別の互助会でサービスを受けることができる

デメリット
・積立金だけで費用をまかなえることはほとんどなく、どこまでをまかなえるのか確認が必要
・解約がしにくく、解約する際には手数料が必要になる

チェックポイント
毎月費用を積み立てて、豪華な斎場を利用できる点からして、あまり小規模な葬儀には向いていないかもしれません。
家族葬や直葬などの小規模で費用が安いプランを検討されているなら葬儀社かインターネットの請負業者から選ぶ方が良いでしょう。

 

JA(農協)・生活協同組合

JAも生協も、主に組合員を対象にしたサービスで、専門の葬儀社と提携して葬儀を行う場合と、独立して法人化しサービスを提供している場合があります。
多くのJAは組合員以外の葬儀も手掛けています。
生協は事業者によってサービス内容に違いがありますが、明朗な料金体系が特徴です。

 

インターネット請負業者
インターネット請負業者は、近年急激に数を増やしている、新しいタイプの提供元です。
店舗に赴くことなく契約ができ、時間や場所を選ばずに利用できます。
このインターネット請負業者には、以下のような特徴があります。

メリット
・24時間受付の場合が多く、急な事態にも対応しやすい
・デジタル時代ならではの明朗な会計を採用していることも多く、価格も比較的安い
・全国的に展開している業者もあり、近くの業者を探しやすい

デメリット
・実態が見えにくいこともあり、不安を覚えることもある
・業務委託型の場合、地域によってサービスの品質にムラがある

チェックポイント
主要な葬儀の3プランの中で、比較的費用の安い家族葬や直葬をメインに提供している所が多いようです。
葬儀社同様、プランの内訳や費用については依頼先によって異なる点は注意が必要です。

葬儀社一覧

福岡市葬儀社一覧

その時、各葬儀社のホームページを参考に!
葬儀は、形式も大事ですが、遺族の思いを葬儀社が理解しているかが、いい葬儀を行ってもらうには重要です。

セット料金に、何が含まれるかなど ホームページ上にしっかり掲載されているかをチェックしておきましょう。

祭壇や棺などは、価格が異なる様々なオプションがあります。最低限のものだけでなく、上位ランクの祭檀・棺などをあらかじめホームページ上に掲載し、「その時には追加料金がいくらかかります」

と掲載されている葬儀社は、明朗会計の葬儀社と言えるのではないでしょうか。

また、ホームページ上に見積書の例などが掲載してあるときには、評価が高いと思われます。

その時には、「葬儀一式」ではなく、細かい項目の内容明細があるかなどがポイントです!!

後から、見積書と異なる請求がどうしても発生してしまった場合などに、何にいくらかかったのか、どの部分が変更されたかチェックすることができるからです。トラブルを防ぐためにも必要でしょう。

関連記事

  1. 密葬と家族葬の違いについて    おとなナビ博多
  2. 焼香のマナー     おとなナビ博多 
  3. 香典返し 時期について考える  おとなナビ博多
  4. 葬儀社に依頼する前に知っておきたいこと 種類や流れ   おとなナ…
  5. 香典金額の相場   おとなナビ博多
  6. 生前葬について考えてみる    おとなナビ博多
  7. あなたの“相続” “終活” に足りないもの、教えます。「かゆいと…
  8. 通夜  神式・遷霊祭・カトリック・プロテスタント・友人に参列する…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP