終活ニュース

老老介護、夫の死を経ながら、2年間綴り続けた曽野綾子の最新著書『納得して死ぬという人間の務めについて』5月23日(水)いよいよ発売!!

「死ぬ」という人間の務めと、
それまでを「分相応」に生きるという務め

不満に捉われ孤立して死ぬか、謙虚に明るく死ぬか。それを決めるのは死んでからでは遅い――
幼少時からキリスト教に触れ、13歳で終戦を迎え、自分の母親と夫の両親を自宅で看取り、2017年2月に85歳で夫を見送った著者が、80年以上にわたって、見つめ続けて考え続けてきた「死」。
老人の死だけでなく、幼年の痛ましい死も世の中にはいくらでもあり、唯一誰もに公平に訪れる「死」であるのに、日本人は真正面から対峙せず避けてきたことが、著者にとって、最も違和感のあることだった。
「死と向き合わない限り、人間は歩き始めることはできない。残された時間の生き方すら決められない」
その思いを2016年春から2018年春にかけて綴り続けた「納得して死ぬ」ための全18話が、待望の書籍化。

●曽野 綾子
1931年生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。大学在学中から同人誌で執筆を始め、23歳の時「遠来の客たち」が芥川賞候補となり文壇デビューを果たす。
1979年、ローマ教皇庁より「ヴァチカン有功十字勲章」を授章。
1972~2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表を、1995~2005年まで日本財団会長を務めた。
『誰のために愛するか』『老いの才覚』『人間にとって成熟とは何か』などヒット作多数。

(書誌情報)

『納得して死ぬという人間の務めについて』

納得して死ぬという人間の務めについて

新品価格
¥1,000


https://www.kadokawa.co.jp/product/321605000155/

(目次)
第一部 人間が確実に体験する「死」という人生最大の準備について
第二部 夫を見送った後に対面するようになった「死」について

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP