終活&葬儀

密葬と家族葬の違いについて    おとなナビ博多

密葬は近年増えている小規模な葬儀の一つで、
親しい間柄の方だけで火葬をした後に、一般会葬者を招いて本葬を行う形の葬儀です。

あまり一般的ではない葬儀形式であるため、
どのように行うのか、何に気をつければいいのかなど、
詳しく知らない人も多いでしょう。

そこで今回は、密葬について正しく理解するために知っておきたい、
葬儀の流れや注意点をはじめ、
混同されることが多い家族葬との葬儀形式の違いについてもご紹介します。

密葬は一部の親しい方だけで行われる

密葬は一般的な葬儀のように多数の会葬者を招くものではなく、
遺族や親族、特別親しい知人・友人などごく一部の限られた人だけで行います。

親しい間柄だけで行うため、参列者への対応で気を遣う必要がなく、
精神的な負担が極めて小さい葬儀と言えます。

密葬を行う場合、前述の通り小規模な葬儀のために、
一般の葬儀よりも安い費用でできます。
火葬のみを行うプランの場合、およそ20万円程度で行えます。
しかし、後述のように本葬まで含めて行う場合はこの限りではありません。

密葬で行う本葬とは?

本葬は密葬のあとに行われる葬儀のことで、
一般葬のように多くの人を招いて行います。

密葬時に火葬にしているため、本葬の際に故人と対面することはできません。
社葬や団体葬などの参列者が多い葬儀では、遺族が故人との時間を十分に取れないため、
密葬と本葬に分けることで十分な時間を確保できるようにしています。

密葬を検討する上での注意点

密葬を行う場合、本葬を行うのかどうかによっても準備する内容が変わりますし、
密葬そのものを検討する際にも注意点があります。

トラブルとなりうる点について、いくつかご紹介しましょう。

■遺族・親族・知人友人など近い関係の人の理解を得る
密葬は後に本葬をするとはいえ、火葬までは密やかに行われるため、本葬で故人本人に対面することができません。そのため、故人との対面を望んでいた人からは反感を買ってしまうこともあります。そのため、密葬を行うときは本葬の有無に関わらず、近い関係の方には相談のうえ執り行うようにしましょう。

■葬儀の連絡をする場合は周囲に伝わらないように注意する
密葬は遺族や親族、親しい間柄のみで行うものであるため、参列者の方へ連絡する際には、密葬で行うため不用意に広めないように、きちんと伝えましょう。
本葬のみに参列してもらう予定の方に伝わってしまうと、密葬中に対応の手間が発生してしまうことになり、密葬の利点が薄れてしまいます。

■本葬を行わない場合、葬儀後の弔問対応が必要になることも
本葬を行わない場合、後で密葬であったことを知らされた知人友人が、自宅へ弔問に訪れることがあります。複数の方が日時別々にくることになるので、遺族側の対応は非常に大変なものになります。
香典返しの用意が必要となるだけでなく、外出の予定が立てられなくなることもあるでしょう。
そういった事態を避けるために、知人友人には火葬のみの葬儀であるために弔問は辞退する旨を、きちんと伝えておきましょう。

密葬と家族葬の違い

密葬と同じく、小規模な葬儀として行われることが増えてきた家族葬ですが、
密葬と家族葬は混同されることが多いようです。

一番の違いとなるのが、密葬は「家族と近親者だけで行う「火葬」と、一般の会葬者を招いて行う「本葬」の2つに別れる」のに対して、
家族葬は、「後に本葬を行わずに、葬儀・告別式を含めて火葬までを家族や近親者だけで執り行う葬儀」となります。

葬儀社や近親者へ密葬の相談をする際には、
上記の点で認識に相違がないか注意が必要です。
葬儀の名前だけでなく内容の確認は徹底して行いましょう。

まとめ

本葬を行う密葬と、本葬を行わない密葬がありますが、
どちらの場合でも自分たちの都合だけでなく、周囲への配慮を考えなければいけません。

いくつかの注意点がありますが、故人を送ることに集中できる葬儀形式であるため、
非常に良い葬儀であると言えます。

上記で紹介した家族葬も、近い形式であるため比較検討するのも良いかと思います。

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP