今週の脳トレ

<重版決定>コロナでパズルブーム到来! 脳を鍛えて記憶力がよくなる『パズルで脳トレ 大人のドリル』 2020年7月17日 MOOK『パズルで脳トレ 大人のドリル』発売

株式会社世界文化社は、7月17日に発売した、「読解力」「記憶力」「集中力」「表現力」「情報処理能力」 5つの力を鍛える大人のパズルが100問収録された『パズルで脳トレ 大人のドリル』(https://www.amazon.co.jp/dp/4418201203/)の重版を決定しました。

【 コロナ禍にパズルブーム到来!!】パズル関連書の売れ行きが好調です。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、巣ごもり需要によって売れ行きが底上げ、2020年3~5月にかけて前年同月比2~3 割増の推移となっています。

  • 脳トレに最適!パズルで脳を刺激、活性化させましょう。

この本では「難しすぎないパズル」を掲載しています。楽しくスイスイ解くことで、脳が活性化され記憶力をはじめとする5つの力が鍛えられます。認知症の予防にもつながります。

<パズルで鍛えられる5つの「脳力」>

  1. 読解力
  2. 記憶力
  3. 集中力
  4. 表現力
  5. 情報処理能力

脳の神経細胞の数は、20歳を超えると少しずつ減少し、増えることはほとんどありません。でも、ご安心ください。神経細胞間の結合部分であるシナプスは、刺激によって増加し、刺激がないと減少していくという特徴があります。脳には“可朔性”があり、何歳になっても機能を回復できるのです。そのため脳トレでは、さまざまな脳領域を刺激してシナプスを増やすことが大切です。本書では、読解力、記憶力、集中力、表現力、情報処理力の5つの脳力ごとに脳を刺激するパズル100題を選定しました。各問題には、主にどの脳領域を使っているかを提示してあるので、「脳力」ごとに鍛えることができます。

監修/田渕英一(たぶち・えいいち)
1963年(昭和38)3月6日、岩手県生まれ。富山国際学園富山短期大学専攻科食物栄養専攻脳機能解析学教授、医師、医学博士。 1987年3月、富山医科薬科大学医学部卒業、1991年3月、同大学院医学研究科修了。以降、科学技術庁新技術事業団・研究員、フランス国立科学研究所研究員、富山医科薬科大学講師、助教授などを経て、2005年より現職。 著書に『ボケないための脳トレーニングドリル』(PHP研究所)、『脳鍛えるお絵描きドリル』(青春出版社)、『脳を鍛える ドリル&おもしろ解説』(北國新聞社)など多数。新聞・雑誌・テレビなどでわかりやすい脳の働きやトレーニング法を解説している。 

【刊行概要】
『パズルで脳トレ 大人のドリル』
監修:田渕英一
■発売:2020年7月17日
■定価:800円+税
■発行:株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418201203/

『パズルで脳トレ 大人のドリル』は、雑誌『わたし時間』から生まれました。
隔月刊行の『わたし時間』は、「歳を重ねても元気に自分らしく生きていきたい! 健康寿命を延ばしたい!」と願う人に向けた、心身の健康をサポートする情報誌です。公式HP:https://watashijikan.jp/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP