おとなNEWS

福岡の秋の祭典「放生会(ほうじょうや)」が始まりました  9月12日(火)~18日(月)

今回ご紹介するお祭りは、福岡の秋の祭典「放生会(ほうじょうや)」が始まりました。

福岡の神社 日本三大八幡 筥崎宮で今行われている放生会の見どころの一つに 見世物小屋 がありますが、古き良き昭和の祭りを思い出させます。。。

正式名称は筥崎宮放生会大祭(はこざきぐう ほうじょうや たいさいといい、江戸時代には、民衆の楽しみとして行われていた放生会ですが、

起源は、捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式。
まさに伝統儀式ですね。

福岡の神社 日本三大八幡 筥崎宮で今行われている放生会の見どころの一つに 見世物小屋 がありますが、古き良き昭和の祭りを思い出させます 今年もすごく楽しいデリシャスイートスのパフォーマンスが見られます(o^^o) 友人のダンスチームでかなり面白いし可愛いです
ぜひ足を運んで楽しまれてくださいね〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡  tags[福岡県]


放生会開催中約500の露店・出店が並びます。

国道沿いにある大鳥居から境内まで続く約1Kmの長い表参道。普段は閑静で落ち着ける道ですが、福岡放生会の期間は、1週間で150万人もの人で賑わうんですよ。

お目当ては参道の両側にずらりと並ぶ、約700店舗の屋台。参道を埋め尽くすように非常にたくさんの種類の屋台が所狭しと並びます。

定番のお祭り屋台に並ぶ、お好み焼きやイカ焼き、りんご飴などはもちろん、的当てや射的などの娯楽系、お面やボールすくい、わたあめなどお子様に人気のものまで目白押し。

金魚すくいやヒヨコ釣り、うなぎ釣り、ミドリ亀すくいなどの生き物系まで充実しています。トルコやメキシコ、台湾といった外国料理の屋台もたくさんありますよ。

また、見世物小屋やお化け屋敷など、昭和を感じさせるレトロな遊戯系の屋台が充実しているのも特徴的。

盆栽や植木道具、茶碗といったものまで売られているので、子供から年配の方々まで、幅広い年齢層で楽しむことができるお祭りなんです。

 

屋台の営業時間は?

屋台の営業時間は、午前中10時ころからぼちぼち開店、平均的なお店で21時ごろまでは営業しているので、日中でも夜間でも楽しむことができます。

子供連れからカップルまで多くの人出で賑わうので、中には深夜24時まで営業しているお店も。出かけるのが遅くなってしまったー!なんて人でも充分に楽しめそうですよ。

ただし最終日はどこも夕方には閉店し、撤収作業に入ってしまいます。最終日にお出かけの際は気をつけて下さいね。

 

関連記事

  1. マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに4つの金…
  2. 特集 目からウロコのお金と保険  フィナンシャルプランナー軍団が…
  3. 高橋一生があなたのためにお鍋の〆を美味しくチェンジ!?ミツカンが…
  4. 肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達「知って、肝炎プロジェクト…
  5. 今年も唐津くんちの季節がやってきました! 11月2日・3日・4日…
  6. ホテルオークラ福岡では、11月1日よりクリスマス商品の予約受付を…
  7. 新サービス「宅急便センター受け取りサービス」の開始について ヤマ…
  8. 大人気漫画『ファイアパンチ』の作家・藤本タツキがフィギュアスケー…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP