おとなNEWS

3世代でものづくり体験が楽しめる「敬老の日WORKSHOP」開催! 土屋鞄製造所のランドセル専門店にて2019年9月14日(土)~9月16日(月祝)

土屋鞄製造所は、9月14日(土)~9月16日(月祝)の3日間限定で、ランドセル専門店「童具店」にて、おじいさま、おばあさまと一緒にものづくりが体験できる「敬老の日WORKSHOP」を開催します。

1965年創業、株式会社土屋鞄製造所は、2019年9月から2020年3月頃までランドセル専門店「童具店」にて「まいにちWORKSHOP」を開催します。9月・10月は革のミニフォトフレームづくりを楽しめるほか、9月14日(土)~9月16日(月祝)の3日間は、特別に、おじいさま、おばあさまと一緒にものづくりが体験できる「敬老の日WORKSHOP」を開催。3世代でランドセルえらびを楽しむ方も多いなか、ワークショップを通してご家族の思い出に残る時間を届けたいと企画しました。

  • 敬老の日WORKSHOP:9月14日(土)~9月16日(月祝)3日間限定

【おじいちゃん、おばあちゃんと革のミニフォトフレームをつくろう】

ランドセルと同じ革でミニフォトフレームをつくります。通常のワークショップではお子さまの分だけですが、今回は参加されたおじいさま、おばあさまの分も一緒につくることができます。金具や飾りをつけた後、チェキで撮った写真を入れれば完成です。
※予約必須

 【おじいちゃん、おばあちゃんへ手紙をかこう】

家族でチェキの記念撮影も!

家族でチェキの記念撮影も!予約なしで当日ご参加いただけるワークショップもご用意しています。メッセージを書いたり、絵を描いたり、感謝の気持ちを込めて、おじいさま、おばあさまに手紙を送ります。また、チェキでの記念撮影もできます。
※予約なしで参加できますが、数量に限りがあります。参加費:無料
参加条件:小学生以下のお子さまと、おじいさま、おばあさま
※革のフォトフレームづくりは、おじいさまか、おばあさま、またはお二人方の参加が必須となりますが、チェキ撮影や手紙のワークショップはお子さまのみでも参加できます。
開催店舗:童具店全10店舗
開催日程:2019年9月14日(土)~9月16日(月祝)
所要時間:約45分
時間:11:15 ~/12:15 ~/13:15 ~/14:15 ~/15:15~/16:15 ~/17:15 ~
※チェキ撮影や手紙のワークショップは、いつでも参加できます。
参加方法:参加店舗へのお電話、または店頭受付で予約可能。詳細はWEBページをご覧ください。
参加予約:2019年8月26日(月)11:00~
敬老の日WORKSHOPhttps://www.tsuchiya-randoseru.jp/contents/detail.php?product_id=402

  • まいにちWORKSHOP :9月・10月通常期間

 【革のミニフォトフレームをつくろう】

ランドセルと同じ革を使って、ミニフォトフレームをつくります。トンカチを使って金具をつけたら、カラフルなひもやスタンプで飾り付け。最後にチェキで撮った写真を入れれば完成です。おうちで撮った写真を入れることもできます。詳しくはWEBサイトにてご確認ください。
まいにちWORKSHOPhttps://www.tsuchiya-randoseru.jp/blog/detail.php?product_id=400

参加費:無料
対象年齢:小学生まで
開催店舗:童具店全10店舗
開催日程:2019年9月1日(日)~10月31日(木)※火曜定休
所要時間:約45分
時間:11:15 ~/12:15 ~/13:15 ~/14:15 ~/15:15~/16:15 ~/17:15 ~
参加方法:WEBサイトにて予約可能。詳細はWEBページをご覧ください。
9月参加予約:2019年8月26日(月)11:00~
10月参加予約:2019年9月25日(水)11:00~
注意事項:
※9月14日(土)~9月16日(月祝)は「敬老の日WORKSHOP」開催のため、通常の「まいにちWORKSHOP」はお休みとなります。

  • 開催会場
ランドセルの下見にもおすすめ

ランドセルの下見にもおすすめ【東北】童具店・仙台
【関東】童具店・中目黒 / 童具店・南大沢 / 童具店・横浜
【中部】童具店・名古屋
【関西】童具店・京都 / 童具店・大阪 / 童具店・神戸
【中国】童具店・広島
【九州】童具店・福岡

※童具店・大阪は10月1日(火)に「グランフロント大阪」に移転リニューアルオープンいたします。9月24日(火)~9月30日(月)は移転準備のため休業いたします。
※西新井本店、軽井澤工房店では開催いたしません。
店舗詳細https://www.tsuchiya-randoseru.jp/shop/list.php

  • まいにちWORKSHOPについて

毎年約1万人のお子さまが参加する「まいにちWORKSHOP」では、親子で革を使ったものづくりを楽しめます。昨年参加したご家族からは「ワークショップを体験した後、子どもが自分のランドセルを大事にするようになった」などの声が聞かれました。2019年9月から2020年3月までの期間は「ものを大切にする心を育む」ことをテーマに、ものづくりワークショップを実施します。
お子さまの成長に長く寄り添うランドセルづくりを続ける土屋鞄製造所が、革を使ったものづくり体験を通して、お子さまの「ものを大切にする心」を育むきっかけをお届けします。

■土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)

丈夫でシンプルなランドセル
土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

職人の手仕事によるものづくり
子どもたちと6年間をともに過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、職人の300を超える手仕事によりつくられます。
西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店
工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、ランドセル専門店10店舗、大人向け革鞄専門店11店舗(国内10、台北1)、合わせて23店舗を構えています。木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。また、2019年11月には「南町田グランベリーパーク」内に新店舗「童具店・南町田」をオープンします。

【会社概要】 
会社名 :株式会社 土屋鞄製造所 
代表取締役社長:土屋成範  
所在地(本社): 〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5 
URL:土屋鞄のランドセル https://www.tsuchiya-randoseru.jp/
Facebook https://www.facebook.com/tsuchiya.randoseru 
Instagram https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/ 

【お客様お問い合わせ先】
 電話:0120-907-647(平日10:00~17:00)  メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com 

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP