おとなNEWS

2018年から、配偶者控除の上限が150万円に! ご存知でしたか?

「配偶者控除」とは、扶養している配偶者がいる場合に扶養している側の税金を安くすることができるというものです。

妻の年収が103万円以下の場合は、夫の所得から最大で38万円が控除されており、多くの主婦たちは、この控除を受けるために、パート収入が限度(103万円)を超えないように、意図的に働く時間を抑える傾向にあり、それが「103万円の壁」と呼ばれていました。

しかし、2018年1月以降、この「103万円の壁」がなくなり、上限金額が「150万円」となることが決まりました。
つまり、2018年以降、最大38万円の配偶者控除を受けるためには、年収を150万円以下に抑える必要があります。
これにより「103万円の壁」を意識せずに、より長い時間働けるようになりそうです。

多くの方はこの配偶者控除を考える際に、その上限額を超えたら控除を受けられないと考えているかもしれませんが、2018年以降、年収150万円を超えたからと言って、配偶者控除がいきなり0円になるわけではありません。
配偶者控除額は年収が上がるにつれて、低くなり年収201万円を超えると0円になります。

 

「150万円の壁」の手前にそびえる「106万円の壁」と「130万円の壁」

主婦がパートを始めるときによく耳にするのが、「130万円の壁」です。
130万円の壁とは、「社会保険の壁」といわれています。年収が130万円を超えてしまうと、夫の扶養から外れ、たとえパートであっても社会保険に加入する必要が出てきます。

2016年10月施行の法改正により、新たに106万円の壁ができました。
下記の条件を満たす場合、夫の扶養から外れ、社会保険に加入しなければならなくなったのです。

①週20時間以上労働
②年収106万円以上
③勤務期間1年以上
④501人以上の従業員のいる企業

この基準をすべて満たす場合は、社会保険へ加入することになるのです。
通常は「130万円の壁」を超えないように働いている方も多いと思いますが、
上記の条件の「106万円の壁」に悩まされているという人も多いと思います。

 

2018年以降、どうなってしまうのでしょう?

詳しくは↓↓をご参考に!!

 

 

2018年から配偶者控除の年収要件が150万円までに改正。得する人と損する人、働き方への影響

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP