おとなNEWS

実験で再現された1975年ごろの食事。いわゆる一汁三菜スタイルの非常にバランスが良いメニューを提唱(提供:東北大学)

実験で再現された1975年ごろの食事。いわゆる一汁三菜スタイルの非常にバランスが良いメニューだ(提供:東北大学)

ユネスコの世界無形文化遺産に登録されたのを機に「日本食」への注目が国際的に高まるなか、東北大学の研究グループが今から40年ほど前に一般家庭で食べられていた食事を4週間食べ続けたところ、ストレスの軽減や体脂肪率の低下などの効果があることを確認した。

 

日本人の平均寿命が延びた要因の一つにあげられる「日本食」。日本食に使われる特有の食品成分が影響していると考えられ、世界中で多くの研究がなされているが、これらの研究は、特定の食品成分にだけ焦点が当てられ、「日本食」全体を調べた研究はない。

 

東北大学大学院の都築毅准教授らのグループはかつて、現代と過去の日本食をマウスに食べさせる実験で、1975年ごろに食べられていた食事が、肥満を抑制し糖尿病や脂肪肝、認知症を予防し、寿命を延ばすうえで、最も健康に良いことを確認。

 

今回の実験では、年齢20歳から70歳までのBMI指数が24〜30以下の軽度肥満者(60人)と健康な人(32人)の計92人を対象に、1975年の日本食と現代の食事を食べてもらった。

 

1日3食28日間食べてもらったあとに、健康診断を行ったところ、1975年型食事を食べていたグループでは、BMIや体重が明らかに減り、悪玉コレステロールや糖尿病の指標となるヘモグロビンA1cが減少傾向を示す一方で、善玉コレステロールは増えたという。

 

また健康な人32人を現代食と1975年型の食事を食べる2グループに分けて実験した結果、1975年型の食事を食べたグループでは、ストレスが軽減されて、運動能力が良くなることがわかった。

 

実験で再現した1975年型の食事の特徴は、▽主菜と副菜を合わせて3品以上になるよう、さまざまな食材が少しずつ使われており、▽調理法では「煮る」「蒸す」「生」が多く、食用油を多用する「揚げる」や「炒める」は控えめだった。▽食材では大豆や魚介や野菜、果物や海藻、きのこ、緑茶を積極的に摂取しており、▽調味料では出汁や醤油、味噌、みりんなどの発酵系調味料が多く使われていたという。

 

実験を行った都築准教授は「約40年前の日本食が健康にいいと広めることで、現代の食生活を見直す食育に役立つことが期待できる」と話している。

 

東北大学がまとめた健康的な日本食の特徴

関連記事

  1. 希少部位を使ったくじら汁、くじらカレー、鯨じゃがなど登場☆ JR…
  2. 【2017年 敬老の日おでかけ調査】心の距離が縮まる、三世代旅行…
  3. 板野酒造場のオリジナルラベル酒はいかがでしょうか。 日頃なかなか…
  4. 東日本大震災から6年。教訓は明日に生かされなくてはいけませんよね…
  5. おとなニュース  医療費の負担増!!   ファイナンシャルプラン…
  6. 「介護レクサポーター」実施100回突破 「レクリエーション介護士…
  7. シニア世代に向けた、快適な暮らしのためのリノベーションを提案 …
  8. わたしにとって認知症予防活動支援士とは、 地域のよき相談相手  …

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP