おとなNEWS

1ロールで500円!?注文殺到で手に入らない超高級トイレットペーパー

高級トイレットペーパーを製造する高知県の製紙会社に、注文が殺到している。

5月末に放送されたテレビ番組「さんまのまんま」で紹介されたのがきっかけで、製造が追い付かずに予約受け付けはいったん中止。その後、7月10日に販売を開始したが3時間で8000個以上注文が入り再び注文をストップした。

同社は「これほどの反響があるとは」と、うれしい悲鳴を上げている。

同社は1966年創業以来、トイレットペーパーを中心とした家庭紙を製造。2000年ごろからは紙の柔らかさを追求した高級路線のトイレットペーパーに力を入れている。

爆売れ中の商品は「うさぎ」。1枚や、2枚重ねの商品が多い中、通常よりも薄い紙を3枚重ねて、ふっくら柔らかに仕上げている。1個500円で、ウサギの立ち姿がデザインされた箱入りセット(4個2500円)などを販売している。

5月31日に放送されたフジテレビ系の「さんまのまんまSP」で、俳優のムロツヨシさんが明石家さんまさんに箱入りセットをプレゼント。「誰に贈っても喜んでくれる」、また同商品をさんまさんが自身の誕生日にマツコデラックスさんから毎年もらっていることや、嵐の松本潤さんがムロツヨシさんに誕生日プレゼントにもらって大絶賛したなどのエピソードも紹介された。

商品名は出なかったが、すぐにインターネット上で特定され一気に拡散。普段は1日平均約300人が訪れるという同社ウェブサイトに、放送から約3時間で約1万3千人が訪れ、「ゴルフ大会の景品に」「誕生日プレゼントに」と注文が殺到。

翌日以降もひっきりなしに注文が入り、同社の製造は1日で約300個が限界のため、予約受け付けをいったん中止。現在人も製造ラインもフル稼働している。

偶然、放送を見ていたという森沢良水社長(63)は「まさか、うちの商品が出るとは思ってないから、びっくり」。妻で同社常務の雅代さん(59)も「トイレットペーパーが贈り物として認められたのがうれしかった」と喜び、「柔らかさには自信がある。試してみてほしい」とPRしている。

■望月製紙株式会社

昭和初期創業、昭和41年12月株式会社設立。資本金 1,200万円。

家庭用製紙(トイレットペーパー、ティシュ)製造販売。主力製品は、皇室献上最高級トイレットペーパー「羽美翔」、三枚重ねトイレットペーパー「うさぎ」等。ヒカキンさん他ご愛用者多数。

代表取締役 森澤良水
本社所在地:〒781-1111高知県土佐市北地中沢3008-1
電話:088-854-0831 ファックス:088-85

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP