おとなNEWS

NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク主催の「無電柱化まちづくりシンポジウム in 九州」を後援します 5月20日(月)14時~福岡市天神クリスタルビルにおいて開催!

今回のシンポジウムでは、「九州地方における無電柱化の推進を、防災、観光という視点でいかに進めるのか」、また「九州地方の特性を生かした低コスト手法とはどうあるべきか」という点について、それぞれの分野のプレーヤーが最新情報を持ち寄り、九州地方での無電柱化を推進する方法を議論する場とします。

本公演では、アジア諸国の無電柱化最新事例も紹介します。

「無電柱化まちづくりシンポジウム in 九州」の概要:
名称:無電柱化まちづくりシンポジウム in 九州
会期 :2019 年5月20日(水)14:00 ~ 17:30
会場 :福岡市天神クリスタルビル3F大ホール(福岡市中央区天神4丁目6番7号)
主催 :NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク

後援 :(一財)日本みち研究所、無電柱化を推進する市区町村長の会、道デザイン研究会(国交省道路局)、(一社)無電柱化民間プロジェクト実行委員会、NPO法人「日本で最も美しい村連合」、公益社団法人土木学会、西日本新聞社、株式会社テレビ西日本、日刊工業新聞社、 九州朝日放送、株式会社福岡放送、LOVE FM、TVQ九州放送、読売新聞社、CROSS FM、RKB毎日放送、NHK福岡放送局

参加費:無料/1000円(資料が必要な方のみ)
交流会:未定 18:00~20:00 費用:5,000円程度

◆本シンポジウムは、土木学会CPD認定 (3.3単位取得)プログラムです。

【プログラム内容】
■来賓挨拶(予定):
宮内 秀樹 衆議院議員
伊勢田 敏 九州地方整備局長
■講演:
国土交通省道路局環境安全・防災課 「無電柱化推進計画の概要」
「アジア3カ国の無電柱化最新事例」 (一財)日本みち研究所 常任参与 杉﨑光義
■パネルディスカッションテーマ:
「 九州で低コスト無電柱化を進めるには」

<コーディネーター>

屋井鉄雄 氏
東京工業大学 副学長
昭和60年東京工業大学大学院博士課程修了、同大学助教授、マサチューセッツ工科大学客員准教授、東京工業大学大学院総合理工学研究科教授を経て、平成29年4月より現職

<パネリスト>

伊豆美沙子 氏
宗像市長。京都女子大学文学部国文科卒
平成23年福岡県議会議員初当選、平成27年2期目当選
平成30年5月より現職。
無電柱化を推進する市区町村長の会、九州ブロック幹事

芦刈宏士 氏
九州電力(株)送配電カンパニー配電本部配電部長
昭和60年九州電力入社、大分電力センター長、配電本部配電技術部長を経て、平成30年6月より現職

前佛和秀 氏
九州地方整備局 道路部長
平成3年北海道大学大学院工学研究科土木工学専攻卒
平成3年4月 建設省入省
平成25年8月 道路局高速道路課有料道路調整室長
平成29年7月より現職

井上利一 氏
㈱ジオリゾーム代表。NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク理事・事務局長。
立命館大学院卒、一級土木施工管理技士、国土交通省無電柱化推進部会民間WG主査、合意形成WG委員
共著に『電柱のないまちづくり』『電柱のない街並みの経済効果』『無電柱化の時代へ』

【お問合せ先】
NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク
TEL 06-6381-4000 FAX 06-6381-3999
公式サイト:http://nponpc.net/
Mail: info@nponpc.net

【 「無電柱化民間プロジェクト」実行委員会とは 】
「防災」+「安全・快適」+「景観・観光」の観点から、全国的に無電柱化を促進しようとする政府の無電柱化推進の趣旨に賛同し、民間の立場から応援する団体として、2014年7月に「〜上を向いて歩こう〜無電柱化民間プロジェクト〜実行委員会」を設立しました。世界の主要都市で電柱が減少する中、日本には電柱が3500万本立っており、毎年7万本も増加しています。防災の観点では、震災が起きた際、倒れた電柱が妨げとなり緊急車両が通れず救助活動が思うようにできなくなります。安全の観点では、電柱があるために人が車道にはみ出して歩かなければならず電柱に挟まれて亡くなってしまう痛ましい事故も起きています。また、2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控え、訪日外国人2000万人を目標に対して、観光推進においても景観の観点から無電柱化は取り組むべき重要なプロジェクトになっています。

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP