おとなNEWS

高齢者がかかりやすい病気とは?   おとなナビ博多

高齢ともなれば、なにかしらの病気と無縁の生活は難しいですね

身体は確実に老化していき、運動能力が衰え、免疫力や抵抗力は低下し、

何かしらの病気にかかってしまいます。

病気とひとことで言っても、高齢者がかかりやすい病気があることも、皆さんはご存知のことでしょう。

高血圧や糖尿病といったいわゆる「生活習慣病」がその代表。若いうちから意識して予防していても、残念ながら、加齢を原因としてかかってしまう例も多くあります。

現在では医療技術もかなりの進歩を見せており、病気=死と直結するケースは少なくなりました。とはいえ、病気にかからず健康的な暮らしを送るのに越したことはありません。

そこでここでは、高齢者がかかりやすいと言われる病気について、そしてその予防法や対策について詳しくご説明します。よく読んで、生き生きとした老後を送りましょう!

高齢者に多い病気をご紹介。

高齢者の糖尿病患者は何人!?
日本の糖尿病患者数は約950万人で、その半数が65歳以上の高齢者。つまり高齢者の糖尿病患者は、475万人ほどいるという計算になります。もはや日本人の国民病と言っても過言ではないかもしれません。
そんな糖尿病について、症状や治療法、また糖尿病にかからないための運動習慣や食生活のヒントなどをご紹介しています。

パーキンソン病とは?その症状と治療について

年齢的に、40歳から50歳代に発症するケースが多い事から、今後、高齢化が進むと想定される日本においては、患者数がもっと増えていくのではないかと推測されているパーキンソン病。その症状や治療法について、日本神経学会が発表しているガイドラインなどをもとに詳しく解説していきます。

「高齢者 病気 イラスト」の画像検索結果

ALS対策とは)(yahoo)

人間は脳や末梢神経からの指令により筋肉運動が行われているのですが、この指令を筋肉に伝える運動ニューロンものが侵されるために発症する病気。60~70歳の高齢者に発症例が多いことから、十分な知識を得て心の準備をしておきたいところですよね。そこでここでは、ALSとはどのような病気なのか、その症状や治療法はどのようなものかなど、ALSについて詳しく解説しています。

 

骨折・骨粗しょう症の対策とは

高齢者にとって、骨折は致命傷と言われています。その理由は、骨折自体が治るか治らないかではなく、骨折によって動かない期間ができてしまう事で、筋力が低下し、寝たきりの状態になってしまうリスクが高いためです。そんな苦しい状態にならないために、日頃から十分な予防・対策をしておきたいところ。ここでは、骨粗しょう症対策としての日常生活のヒントなどについてご紹介しています。

 

脳卒中・脳梗塞の予防・治療・リハビリについて

日本人の死因第4位の脳卒中。長らく2~3位あたりではあったのですが、医療技術の進歩もあって死亡者数は年々、減少してきています。とはいえ、甘く見てはいけません。重度になると生命に直結する病気であるのは間違いなく、また軽度であったとしても後遺症が残り、その後の生活に支障をきたすことも珍しくありません。そんな重篤な状態にならないための、脳卒中・脳梗塞の予防のヒントをご紹介。また、治療法やリハビリ方法についても詳しく解説。

 

心臓病・心筋梗塞を予防しよう

日本人の死亡率第二位なのが心臓病。厚生労働省が3年に1度行っている「患者調査」の2011年版を見ると、心臓病の総患者数は161万2000人。高脂血症、高血圧症といった生活習慣病の患者数が多いことを考えても、それらが引き金となって心臓病が引き起こされると考えて良いでしょう。ここでは、心臓病・心筋梗塞の原因について詳しく触れ、その予防法や対策のヒントをお教えします。

「高齢者 病気 イラスト」の画像検索結果

 

ぜんそくと気管支炎の違いを知ろう

実はあまり知られていませんが、ぜんそくの怖いところは命を落とす危険性がある疾患であるという点でしょう。毎年約2000人の方が、ぜんそく発作で亡くなっているのです。ぜんそくと気管支炎、とてもよく似ていますが異なる病気。どちらも高齢者に多い病気ですが、ここではその違いも含めてご説明していきます。

 

人工透析が必要な高齢者とは

そもそも腎臓は、体内を巡る水分を調節したり、老廃物をろ過して尿として排出する機能を持っているため、腎不全の状態になると体内に老廃物が溜まり、尿を上手く排泄できなくなってしまいます。そこで治療方法として選択されるのが「人工透析」。皆さんも一度は耳にしたことがあるであろう人工透析について、人工透析患者の年齢・性別データなどを用いてその現状について解説しています。

 

胃ろうの判断を考える

高齢者の医療そして介護を考える上で、胃ろうは外せないものです。胃ろうとは、病気やケガのために口から栄養を摂取するのが難しい人のために、胃に穴を開け、直接栄養を送り込む手術や装置のこと。胃ろうを作るか作らないかという話になると、本人やご家族が迷う場面があるもの。また昨今では、“高齢者の尊厳”という観点から見て、その是非を問う声が大きくなってきています。その現状や、胃ろう増設の判断について考えてみました

 

終末期の医療費について

人の命には限りがあり、いつかは死という瞬間を迎えます。自分自身の最期のときをよりよく迎えるために、最近話題になっているのがエンディングノートなどを使った終活です。終活にはお墓やお葬式、相続などがありますが、もうひとつ、準備しておきたい、終末期のための医療費について解説しています。

 

ターミナルケア・緩和ケアについて

高齢化に伴い、医療機関だけではなく介護施設でも終末期を過ごす高齢者が増えているなかで、介護施設側もターミナルケアに取り組む時代となっています。そこでここでは、終末期の病院や介護施設との連携、ターミナルケアの現状など、定量的なデータをもとにその現状や今後の動きなどについて解説しています。

 

尊厳死・安楽死について

治る見込みがなく死期が近いときに、こうした延命処置を受けずに尊厳死や安楽死というかたちで私たち自身がどう死ぬかを選び、医師や家族にそれを尊重してもらうことについて、どのように考えれば良いのでしょうか?世界的にもその人の生き方を尊重した終末期の対応に対する様々な議論が行われている中、尊厳死・安楽死について考えてみました。。

 

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは、通称ロコモと呼ばれ、骨・関節・筋肉などの運動器(ロコモティブオーガン)の障害のために、日常生活に必要な「体を動かす能力」が低下し、生活の自立度が下がる状態のことをいいます。要介護にならないためにも、できればロコモティブシンドロームにはならないでおきたいところ。そこでここでは、ロコモ予防の方法を中心に、ロコモティブシンドロームについて詳しく解説していきます。

「高齢者 病気 イラスト」の画像検索結果

 

高齢者向けの介護予防・リハビリとは?

介護難民や老後破産、老老介護など老後の暮らしに不安を覚えることが多い、この時代だからこそ、さまざまな介護予防プログラムを積極的に利用して健康で、そして自立した暮らしを送れるように努力することの重要性がますます高まってきています。そこでここでは、要介護にならないための介護予防について、また病気のあとのリハビリについて考えていきます。

 

出典 みんなの介護

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP