おとなNEWS

福岡・⼤牟⽥に“⼈々が多様に集える場所”「ROOTH2-3-3」8/24グランドオープン

どこかの国では⾒たことのあるような、⼈々で賑わう広場のような。
この国で、確実に失われつつある、そんな場所を取り戻していく。

■Place
「ROOTH」第1号店となる「ROOTH2-3-3」は、⼤牟⽥駅から程近くの歴史ある煉⽡造りの建物を再⽣し、内・外装は壁⾯の⾚いレンガ、屋内の躯体も活かします。歴史的な記憶や空気感を引き出し、誰もが気軽に訪れ集うことができる。それがROOTHのスタイルです。

敢えて私達はカフェを名乗りません。
⽇本の地⽅都市に在留や流⼊、国籍を問わず⽼若男⼥多くの⼈々が多様に集える場所を1つ1 つ増やしていく。そして、その⼟地の歴史を繋いでいき、その⼟地の場所になる。ROOTH とは、このようにホスピタリティとコミュニケーションを軸にした、「場所」を提供するプロジェクトだからです。
なお、1号店「ROOTH2-3-3」は、所在地である福岡県⼤牟⽥市不知⽕町2-3-3に由来しています。

■Space
多様なお客様に、⾃⾝と場所を再認識していただけるように、炭鉱施設の煉⽡を再利⽤した新たな空間としてデザイン、再⽣しました。以下各スペースでお楽しみいただくだけではなく、⾒知らぬお客様同⼠でコミュニケーションを⽣むホスピタリティを提供します。

<新聞ライブラリー>
業界紙・広報紙・地⽅紙・個⼈紙など60紙にも及ぶさまざまな新聞を⾃由に読むことができます。読んでいる新聞の種類で何に興味があるかを想像し、そこから新たなコミュニケーションを⽣み出します。

<ギャラリー>
壁⾯を利⽤した地域⽂化を発信するためのギャラリーを設置しました。写真や絵画などの作品展⽰ができ、企画展を実施。
地元から県内外で活動するアーティストを招き、地域と⽂化の交流を⽬指します。
通路壁⾯では⼤牟⽥の歴史を感じることのできる写真を常設展⽰し、戦後の⼤牟⽥を写したモノクロ写真、観光名所なども展⽰。

<BGM>
BGMにはあえてレコード、その⼟地の⾳、リズムをイメージして、⼤牟⽥の「今」を想像して選曲。
⾳楽だけではなくジャケットを⾒ながら、お客様同⼠で話をしてもらいたいという想いです。

<コンシェルジュ>
店内を紹介して、お客様を繋ぎ、旅先案内⼈にもなるコンシェルジュが常駐。

■Food&Beverage
店内には昔懐かしのコーヒー⽜乳をブラッシュアップしたBLACK&WHITEを⽜乳瓶で提供。
コーヒー⾖のオリジナルブレンドには、ROOTHのコンセプトや⼤牟⽥の⼟地をイメージした⼒強い⾵味の⾖を使⽤しました。⾷事はバリエーション豊富なカラフルな15種類のドーナツと、ビーツソースで⾷べるホットドックで、いずれもニューヨークでヒントを得てきました。

BLACK&WHITE

16個⼊りドーナツ

みなさまのご来店を⼼よりお待ちしております。
そして、みなさんの町でもROOTHという場所ができることを願っています。

■ROOTHチーム紹介 ※敬称略
「ROOTH」のコンセプト・理念に深く共感して頂き、集った各⽅⾯のプロフェッショナルにより構成されるのが「ROOTHチーム」です。チームとの共創により、「ROOTH」ではこれまでにない斬新なアプローチで新しいムーブメントを展開します。

<method 全体監修>
東京都出⾝。バイヤー、監修者。南⻘⼭のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、metho d(メソッド)を⽴ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。2013年「別冊Discover Japan 暮らしの専⾨店」が、エイ出版社より発売、2014年「デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド」誠⽂堂新光社より発売。
【実績】国⽴新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」サポートディレクション、KITTE 丸の内「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」ショッププロデュース、MD、VMD、「燕三条 ⼯場の祭典」イベント全体監修。他多数

<SPREAD ブランディングデザイン>
⼩林弘和と⼭⽥春奈によるクリエイティブ・ユニット。環境・⽣物・物・時間・歴史・⾊・⽂字、あらゆる記憶を取り⼊れ「SPREAD=広げる」クリエイティブを⾏う。「カラーとコンセプト」を特徴にグラフィック、プロダクト、展覧会のデザイン&ディレクションに広く関わり、常に社会提案を⼼がける。
【実績】2017年「国⽴新美術館開館10周年」記念ビジュアルデザイン。
【受賞歴】red dot design賞、iF design賞、D&AD賞、ドイツデザイン賞、Pentawards、アジアデザイン賞、グッドデザイン賞、⽇本パッケージデザイン⼤賞、読売広告⼤賞ほか。

<MOMENT 店舗デザイン>
平綿久晃、渡部智宏主宰によるデザインオフィス。グラフィックと空間デザインを軸に平⾯から⽴体に渡りシームレスなデザインワークを展開。
【店舗設計の主な実績】ISSEY MIYAKE 国内外店舗、リビング モティーフ、アコメヤ トウキョウ銀座本店、他多数。
【受賞歴】IF Design賞、造本装幀コンクール⽂部科学省⼤⾂賞、グッドデザイン賞、JCD デザインアワード⾦賞ほか

<OBSCURA COFFEE ROASTERS コーヒープロデュース>
東京・三軒茶屋で焙煎を⾏っているコーヒーロースター。世界中のコーヒー農園を訪れて買い付けたものを中⼼に、⾃店舗での販売及び卸売りを⾏っている。普段の⽣活や特別な⽇に、ご家庭やお店で「コーヒーのある⽣活」を楽しむきっかけを提供。
【実績】2009年にスタートし、現在、三軒茶屋にCafe/Laboratory/Martの3店舗と焙煎所(Factory)、広島にもショップがある。創業当初から、三軒茶屋という⼟地にこだわり、地元の⽣活に深く根差した店舗を⽬指している。

<常盤 響 店内BGMレコードセレクト>
フォトグラファー/デザイナー。80年代半ばからバンド活動の傍ら雑誌を中⼼にライター、イラストレーターとして活動を開始。90年代に⼊りヤン富⽥⽒の依頼でASTRO AGE STEEL ORCHESTRA『ハッピー・リビング』のデザインを⼿がけたことによりCDジャケットを中⼼にデザインを始める。1997年旧知の作家、阿部和重⽒の依頼で『インディビジュアル・プロジェクション』を装丁。既存の概念にとらわれない作⾵とボーダレスな活躍。DJとしても活動しており、膨⼤なコレクションを持つレコード・コレクターとしても知られる。

<⽯崎 孝多 新聞ディレクション>
本と本の周辺の活動と仕事。
様々な分野で企画、編集、ディレクション、キュレーションなどをしています。
http://kotaishizaki.com/

<REDACTION ROOTH PAPER 編集>
多⽥ 真⽂による編集事務所。福岡を拠点に雑誌の企画・編集・原稿執筆のほか、WEB・グラフィックツールの制作・イベント企画のディレクション、構成作家など、出版や広告宣伝、店舗のコンセプト⽴案にわたり活動を⾏なう。福岡発のWEBメディアCENTRAL_の運営も担当。
https://www.re-daction.com/

<神宮 巨樹>
写真家。主に広告・雑誌を中⼼として活動する傍ら、個⼈の活動として写真制作を⾏う。専⾨は、都市と⾃然物・家族と個⼈の中から、光の所在を写真を通じて考察する。【実績】新潟燕三条で⾏われている「燕三条 ⼯場の祭典」の撮影を2014年から⼿がけている。また、東京画 Describing Tokyo Scapes by 100 Photographersのプロジェクトに2012年から参加。2018年から2020年までパリ、ベルリン、東京(⽂化村 ザミュージアム)での同プロジェクトに展⽰参加を予定。

■詳細
店舗名     ︓ ROOTH2-3-3
所在地     ︓ 〒836-0843 福岡県⼤牟⽥市不知⽕2-3-3
プレオープン⽇時︓ 2018年8⽉23⽇(⽊) PM14:00~PM18:00
グランドオープン︓ 2018年8⽉24⽇(⾦)
営業時間    ︓ AM8:00〜PM19:00
店休⽇     ︓ ⽔曜⽇
駐⾞場     ︓ 8台
URL       ︓https://rooth1228.com
Instagram    ︓ @rooth233
Facebook    ︓ ROOTH233
アクセス    ︓ JR⼤牟⽥駅から徒歩4分、⻄鉄⼤牟⽥駅から徒歩4分、九州⾃動⾞道南関インターから⾞で25分

ROOTH2-3-3外観

新聞

method⼭⽥⽒

SPREAD

MOMENT

OBSCURA COFFEE ROASTERS

常盤⽒

⽯崎⽒

REDACTION

神宮氏

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

敬老の日ギフト

PAGE TOP