おとなNEWS

災害用伝言ダイヤル(171)について

災害用伝言サービス

災害発生時等における通信

地震などの大きな災害が発生すると、被災地への電話が大量に殺到し、回線が大変混雑し、つながりにくくなります。東日本大震災の直後も、携帯電話事業者によっては、最大で平常時の約50~60倍以上の通話が一時的に集中しました。

通信各社では、こうした通信の混雑の影響を避けながら、家族や知人との間での安否の確認や避難場所の連絡等をスムーズに行うため、固定電話・携帯電話・インターネットによって、次の「災害用伝言サービス」を提供しています。

 
災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法

 被災地の方が、自宅の電話番号宛に安否情報(伝言)を音声で録音(登録)し、全国からその音声を再生(確認)することができます。

操作手順

1 7 1 をダイヤルします。
ガイダンスに従って、録音の場合は 1 を、再生の場合は 2 をダイヤルします。
(暗証番号を付けて録音・再生を行うこともできます。)
ガイダンスに従って、自宅(被災地)の電話番号、または、連絡をとりたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルします。
伝言を録音・再生することができます。
利用できる電話

災害用伝言ダイヤルは、加入電話(プッシュ回線、ダイヤル回線)、公衆電話、ISDN、携帯電話・PHS、IP電話(050の電話番号から始まるIP電話は除く)から利用可能です。(詳細はご利用の電話会社にお問い合わせください。)
ただし、伝言の録音・再生は、被災地の方の電話番号宛に行う必要があり、この電話番号は03等の市外局番で始まる電話番号のみが対象です。
つまり、携帯電話(090、080)・PHS(070)からは、災害用伝言ダイヤルを利用することはできますが、携帯電話・PHSの電話番号宛に伝言を録音することはできませんのでご注意ください。

<利用イメージ>

注意点

伝言録音時間は、1伝言当たり30秒以内です。

1電話番号当たり、1~10伝言まで登録できます。
(最大登録数を越えるとそれ以上の伝言登録はできなくなります。)

伝言の保存時間は、登録してから2日間(48時間)で、保存時間を過ぎると自動的に消去されます。(体験利用時は6時間で自動的に消去されます。)

登録された伝言は保存期間経過後に自動消去される以外の方法で削除することはできません。

伝言の録音・再生時には、被災地の電話番号までの通話料が必要です。
(災害用伝言ダイヤルの利用料は不要です。)

災害発生後は、まず被災地域内の固定電話からの登録が優先され、被災地域外や携帯電話・PHSからの登録は段階的に可能となります。(再生は可能です。)

提供の開始、登録できる電話番号、伝言録音時間や伝言保存期間等の運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等で告知されます。

参考リンク

災害用伝言ダイヤルの詳細については、運営しているNTT(東西)のページをご覧ください。

NTT http://www.ntt.co.jp/saitai/171.html

NTT東日本 http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/dengon/

災害用伝言板の利用方法

 携帯電話・PHSのインターネット接続機能で、被災地の方が伝言を文字によって登録し、携帯電話・PHS番号をもとにして全国から伝言を確認できます。(スマートフォンでのご利用については、各社のページでご確認下さい。)

伝言の登録方法

携帯電話・PHSから災害用伝言板にアクセスします。
(災害時は各社の公式サイトのトップ画面に災害用伝言板の案内が表示されます。体験利用の際はメニューリスト内からアクセスしてください。)
「災害用伝言板」の中の「登録」を選択します。
(登録は被災地域内の携帯電話・PHSからのアクセスのみが可能です。)
現在の状態について「無事です。」等の選択肢から選び、任意で100文字以内のコメントを入力します。
(状態の複数選択や、コメントのみの利用も可能です。)
最後に「登録」を押して、伝言板への登録が完了となります。
伝言の確認方法

災害用伝言板にアクセスします。
(伝言の確認はPC等からも行うことができます。)
・NTTドコモ http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
・KDDI(au) http://dengon.ezweb.ne.jp/
・ソフトバンク http://dengon.softbank.ne.jp/
・ワイモバイル http://dengon.ymobile.jp/info/

「災害用伝言板」の中の「確認」を選択します。
(確認は全国からのアクセスが可能です。)

安否を確認したい方の携帯電話・PHS番号を入力し「検索」を押します。

伝言一覧が表示されますので、詳細を確認したい伝言を選択してください。

注意点

1電話番号当たり、最大10伝言まで登録できます。
(10件を超える伝言は古いものから上書きされます。)

伝言の保存期間は、1つの災害での災害用伝言板を終了するまでです。

災害用伝言板の利用料・パケット通信料は無料です。
(他社の災害用伝言板のアクセスにはパケット通信料が必要です。)

提供の開始、登録可能地域等の運用方法については、状況に応じて各電気通信事業者が設定し、テレビやラジオ、インターネットで告知されます。

携帯電話・PHSの各事業者及びNTT東西の災害用伝言板を横断して検索できる機能の提供が開始されました。参考:電気通信事業者協会の報道発表(2012年8月29日))

参考リンク

災害用伝言板の詳細については、運営している携帯電話・PHS各社のページをご覧ください。NTTドコモ http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/

KDDI(au) http://www.au.kddi.com/notice/dengon/

ソフトバンク http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

ワイモバイル http://www.ymobile.jp/service/dengon/

災害用伝言板(web171)の利用方法

 パソコンやスマートフォン等から固定電話番号や携帯電話・PHS番号を入力して安否情報(伝言)の登録、確認を行うことができます。

操作手順

URL:https://www.web171.jp/へアクセスします。
連絡をとりたい方の固定電話番号や携帯電話番号を入力します。
伝言を登録・確認することができます。(事前に設定することで閲覧者を限定することもできます。)
登録できる伝言の種類

文字(テキスト) 1伝言あたり全角100文字まで

注意点

1電話番号当たり、20伝言まで蓄積できます。

伝言の保存時間は、サービス提供終了までで、最大6ヶ月程度です。

事前に設定を行うことで、登録した内容をメールまたは電話(人工音声)にて自動的に通知することができます。

災害用伝言板(web171)の利用料は不要です。

参考リンク

災害用伝言板(web171)の詳細については、運営しているNTT(東西)のページをご覧ください。

NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/dengon/web171/

災害用音声お届けサービスの利用方法

 専用アプリケーションをインストールしたスマートフォン等の対応端末から、音声メッセージを送信することができるサービスで、現在、NTTドコモ、 KDDI(au)、ソフトバンク、ワイモバイルの各社でサービス提供されています。なお、平成25年4月1日より災害用音声お届けサービスを提供している 通信事業者間で音声メッセージの送付が可能になりました。

スマートフォンの場合の操作手順

以下のアプリケーションを各社のアプリマーケットやGoogle Play(旧Android Market)、Apple Storeからダウンロードして下さい。

NTTドコモ 「災害用キット」
KDDI(au) 「au災害対策」
ソフトバンク 「災害用伝言板」
ワイモバイル 「災害用伝言板」

フィーチャーフォンの場合の操作手順

音声ファイルを受信した際はSMSで通知が来ます。なお、一部機種を除き、メッセージの送信を行うことは出来ません。

登録できる伝言の種類

音声 1伝言あたり30秒まで

注意点

1電話番号当たり、20伝言まで蓄積できます。

伝言は、受信者がダウンロードした場合に削除されます。(ダウンロードしていない場合でも一定期間経過後に削除されます。)

対応端末やその他提供条件等に関しては下記の参考リンクから各社のページをご覧ください。

参考リンク

災害用音声お届けサービスの詳細については、運営している携帯電話各社のページをご覧ください。NTTドコモ http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_voice/

KDDI(au) http://www.au.kddi.com/notice/onsei_otodoke/index.html

ソフトバンク http://mb.softbank.jp/mb/service/dengon/about/voice/

ワイモバイル http://www.ymobile.jp/service/dengon_voice/

よくある質問(FAQ)

問:どのような場合に利用できるのですか?
 大規模な地震の発生等により、被災地への電話がつながりにくい状況となった場合に利用可能となります。
提供の開始や提供条件については、テレビ、ラジオ、インターネット等でお知らせいたします。
問:災害時以外には利用できないのですか?
 災害用伝言サービスは、災害発生時に電気通信事業者により自主的に運用されるものですが、以下の体験利用日にも運用されており、体験することができます。
  ・毎月1日、15日
・正月三が日(1月1日~3日)
・防災とボランティア週間(1月15日~21日)
・防災週間(8月30日~9月5日)
なお、電気通信事業者によっては、これ以外にも体験利用日を設けている場合があります。また、各地域で開催される「防災訓練」の際にも体験利用可能とな る場合があります。(各電気通信事業者により異なる場合がございますので、詳細はお使いの固定電話又は携帯電話事業者へお問い合わせ願います。)
家族や友人、職場の同僚たちと体験利用日に使い方を確認するとともに、災害時の安否確認方法を予め決めておくなど、いざというときに備えるようにしましょう。
問:利用するには事前に何か登録が必要ですか?
 サービスの利用にあたっては、事前の登録は必要ありません。
しかしながら、災害用伝言板(web171)については、下記URLから事前に利用者登録を行うことで、登録した内容をメールまたは電話(人工音声)に て自動的に通知することができるようになりますので、設定をしておきましょう。なお、設定はいつでも行うことができます。
URL: web171 https://www.web171.jp/
また、その他サービスについても予め家族や知人とサービスを体験利用しておくと、いざという時にスムーズです。
問:災害用伝言サービス間は連携しているのですか?
 災害用伝言板、災害用伝言板(web171)は相互検索ができるような連携を平成24年8月30日より開始しました。
災害用伝言ダイヤルと災害用音声お届けサービスはそれぞれ独立したサービスとなりますのでご注意下さい。また、災害用音声お届けサービスは、事業者間のメッセージ送信はできないのでご注意下さい。
問:どうして電話が混み合っている場合でも繋がりやすいのですか?
 災害用伝言ダイヤルは、全国に分散されたシステムで運用されていて、電話が混み合っている地域(被災地)以外で伝言を預かるようになっているため、電話が混み合っていても繋がりやすくなっています。
災害用伝言板、災害用伝言板(web171)及び災害用音声お届けサービスは、通信が混み合いやすい電話(音声通信)ではなく、インターネット等(データ通信)で伝言の登録・確認を行っているため、電話が混み合っていても繋がりやすくなっています。
問:災害用伝言サービスの提供は法令上の義務なのですか?
 電気通信事業者に災害用伝言サービスを提供する義務は課せられておりません。
(災害用伝言ダイヤルはNTT東西及びNTTコミュニケーションズが、災害用伝言板(web171)はNTT東西が、災害用伝言板及び災害用音声お届けサービスは携帯電話3社が自主的に運用しているものです。)
災害用伝言ダイヤル(171)は、被災地の方の電話番号をキーにして、安否等の情報を音声で登録・確認できるサービスです。

加入電話(プッシュ回線、ダイヤル回線)、公衆電話、ISDN、災害時にNTTが避難場所に設置する特設公衆電話等から「171」をダイヤルすることでご利用いただけます。
携帯電話・PHSや一部のIP電話からもご利用いただけます。

はじめに

災害用伝言ダイヤル(171)の概要をご説明しております。

ご提供のしくみ

災害用伝言ダイヤル(171)をご利用できる電話、提供開始時期、伝言登録できる電話番号などをご説明しております。

お願いと操作上の注意事項

災害用伝言ダイヤル(171)をご利用いただく際の注意事項等をご説明しております。

体験利用のご案内

災害発生に備えて利用方法を事前に覚えていただくことを目的として、より多くの皆様が体験利用できる機会を提供します。

ご利用方法

災害用伝言ダイヤル(171)の録音と再生方法を具体的にご説明しております。

パンフレット A4サイズ(PDF版)はこちら

パンフレット ハガキサイズ(PDF版)はこちら

クイックマニュアル(PDF版)はこちら

Q&A

災害用伝言ダイヤル(171)に関するよくあるご質問と、その回答をまとめて掲載しております。

災害用安否確認

災害用伝言板

大規模な災害時に携帯電話やスマートフォンで安否確認ができる「災害用伝言板」を提供しています。
「災害用伝言板」とは震度6弱以上の地震等、大きな災害が発生した時に、被災地域にお住まいまたはご滞在中の方が、ドコモの携帯電話やスマートフォン※1※2からご自身の状況を登録していただくことができ、登録された安否情報はインターネットなどを通じて、全世界から確認※3していただける災害時専用のサービスです。また、あらかじめ指定したご家族や友人に対して、災害用伝言板に登録したことをメールでお知らせしたり(登録お知らせメール)、被災地の方に災害用伝言板への安否情報の登録を依頼(登録お願いメール)することも可能です。

※1 スマートフォンからの安否情報の登録には「spモード」契約が必要です。また無線LANアクセスでは登録ができません。

※2 BlackBerry® Bold™(ソフトウェアバージョン5.0.0へのバージョンアップが必要です)、BlackBerry® Curve™ 9300、BlackBerry® Bold™ 9700、BlackBerry® Bold™ 9780、BlackBerry® Bold™ 9900をご利用のお客様は「docomo service portal」より災害用伝言板がご利用いただけます(別途「docomo service portalのインストールが必要です)。

※3 ドコモ以外の携帯電話をお使いの方やご家庭のパソコンからも被災地からの登録情報が確認できます。

▼ 詳しいサービス内容は・・・

NTT docomo

災害用音声お届けサービス

大規模な災害時に音声メッセージで安否情報をお届けする「災害用音声お届けサービス」を提供しています。
「災害用音声お届けサービス」とは、震度6弱以上の地震等、大きな災害が発生し、多くの音声発信によりつながりにくくなった場合に、音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージをお届けする災害時専用のサービスです。
音声メッセージが登録されると、メッセージを伝えたい相手にSMS(ショートメッセージサービス)でお知らせします(災害用キットをご利用の場合、SMSの受信を災害用キットでお知らせします)。
また本サービスはスマートフォンまたはタブレットの場合「災害用キット」よりご利用になれます。

▼ 詳しいサービス内容は・・・

NTT docomo

災害用キット

「災害用キット」とは、「災害用音声お届けサービス」や「災害用伝言板」、緊急速報「エリアメール」をご利用いただくための、スマートフォン、タブレット専用のアプリケーションです。
スマートフォン、タブレットから「災害用音声お届けサービス」のメッセージ送信や「災害用伝言板(簡易版)」※、緊急速報「エリアメール」の受信したエリアメールと受信動作の確認をご利用いただくためには本アプリが必要です。

docomo災害用キット
※ 災害用伝言板への安否情報の登録や確認方法を、音声ガイダンスでご案内するアプリです。

▼ 詳しいサービス内容は・・・

NTT docomo

このページの先頭へ

災害用伝言板(web171)

インターネット上で、安否等の情報をテキストで登録・確認できる伝言板です。

災害等の発生時、被災地域(避難所等含む)の住居者がインターネットを経由して災害用伝言板 (web171)にアクセスし、電話番号をキーとして伝言情報 (テキスト)を登録できます。登録された伝言情報は電話番号をキーとして全国(海外含む)から確認し、追加の伝言を登録することが可能です。また、登録し たメッセージを通知※することもできます。

※ メール通知先は最大10件まで登録可能です。 音声通知先は最大1件まで登録可能です。なお、国際電話番号、フリーダイヤル等の着信課金番号、110番や119番等の特番等、通知先として指定できない電話番号があります。

概要とご提供のしくみ

災害用伝言板(web171)の概要とご提供のしくみについてご説明しております。

災害用伝言板(web171)利用規約

災害用伝言板(web171)の利用規約です。

体験利用のご案内

災害発生に備えて利用方法を事前に覚えていただくことを目的として、より多くの皆様が体験利用できる機会を提供します。

ご利用方法

災害用伝言板(web171)の伝言登録時の通知先設定および伝言の登録・確認方法を具体的にご説明しております。

災害用伝言板(web171)外国語版ご利用方法(PDF)

災害用伝言板(web171)のご利用方法を英語・中国語(簡体字)・韓国語でご案内しております。
ご希望の言語のご利用案内をPDF形式でダウンロードしていただくことが可能です。

ご利用方法<英語版>[1.62MB]

ご利用方法<中国語(簡体字)版>[1.91MB]

ご利用方法<韓国語版>[2.1MB]

パンフレット A4サイズ(PDF版)はこちら

パンフレット ハガキサイズ(PDF版)はこちら

Q&A

災害用伝言板(web171)に関するよくあるご質問と、その回答をまとめて掲載しております。

出典NTT西日本

関連記事

  1. ネットで大反響! それは「しつけ」か「押しつけ」か。親が知らない…
  2. 厚生労働省は27日、2016年の日本人の平均寿命は男性が80.9…
  3. 壱岐が麦焼酎発祥の地ってご存知ですか?ベイサイドプレイス博多で「…
  4. デジタル透明文字盤「OriHime eye」「OriHime s…
  5. 健康状態に合った食事が見つかる!シニア向けの宅配食事サービス比較…
  6. お金に関する質問です! 相続税が上がると聞きましたが、どのくらい…
  7. 『 ちゃんとちゃんとの学校 』が開催されました
  8. 板野酒造場のオリジナルラベル酒はいかがでしょうか。 日頃なかなか…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP