おとなNEWS

松重さんが運動前のストレッチに1時間かけるその理由は?なる前が大事!「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」を発売

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(取締役社長:大場 康弘、以下「当社」)は、10月2日、業界初※1となるMCI(軽度認知障害)※2を保障する健康応援型商品「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険(払込期間中無解約返戻金限定告知骨折治療保険)」を発売します。これに合わせて松重豊さん、しゅはまはるみさんを夫婦役として起用したCMを全国でスタートします。
※1 2018年9月当社調べ
※2 MCI(Mild Cognitive Impairmentの略):本人および第三者(家族)から認知機能低下に関する訴えがあり、認知機能は正常ではないが認知症の診断基準を満たさない状態。基本的な日常生活は保たれているが、複雑な日常生活機能の障害は軽度にとどまる。(出典: 医学書院 「認知症疾患診療ガイドライン2016」)
1.「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」について
 本商品は、MCIや認知症になった場合に一時金をお支払いするほか、要介護1から一時金をお支払いするオプションをご用意しています。さらに、MCIや認知症の早期発見や認知機能低下を予防するための情報提供・サービス紹介等を行う認知症サポート「SOMPO笑顔倶楽部」をご利用いただけるほか、万が一介護が必要となった場合でもお客さまを支援するSOMPOホールディングスグループの介護サービス等を提供することにより、認知症の発症および進行を遅らせるとともに、介護までを一貫してサポートします。本商品を提供することで、認知症への理解を深め、認知症との向き合い方を変え、本人の健康および介護者を含めた介護の負担が軽減される社会の実現を目指します。

リンククロス 笑顔をまもる認知症保険
詳しくはこちらをclick!

2.CM概要
 松重豊さん演じる夫は運動前にはストレッチに1時間かけ、寝る前にはハラマキを欠かさない、そんな「なにごともなる前から手を打つ!」という夫に、妻は「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」のパンフレットを取り出します。
 認知機能低下・軽度認知障害と呼ばれるMCIの早期発見、認知機能低下を予防する取組みにより、認知症の発症を遅らせる可能性があるとされています。まさに認知症に”なる前が大事”を表現したCMになっています。

◆こちらのCMはYoutubeの当社公式チャンネルでもご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=7m9DJ56NGTk

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP