おとなNEWS

排泄ケアでお悩みの全国の介護職員の皆様に向け、「夜間ぐっすり排泄ケア」を総合情報サイト『介護アンテナ』にて無料公開 ~”引き算“の発想で、ご入居者の夜間の睡眠状態の改善と職員の負担軽減の両方を実現へ~

 株式会社ベネッセスタイルケア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:滝山 真也、以下「ベネッセスタイルケア」)は、介護に携わる方々のための総合情報サイト『介護アンテナ』(注1)にて、「夜間ぐっすり排泄ケア」(注2)を無料公開いたしました(https://www.kaigo-antenna.jp/kaigo-maruwakari/kaigo-technique/tec_007/detail-70)。 

この排泄ケアの方法は、肌に与える負担や不快感が少ない、適切なおむつ・パッドを選択し、アセスメントに基づいて夜間のパッド交換回数を低減するとともに、洗浄液を用いたスキンケアも徹底することで、施設・居住系サービスにおけるご入居者の夜間睡眠の改善を目指すものです。職員にとっても、夜間のパッド交換の負担が軽減し、ご入居者に向き合う時間の増加などの効果が見込まれます。

■「夜間ぐっすり排泄ケア」の取り組み例

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区)との共同研究として、当社の老人ホームにおいて、夜間に排泄ケアのお手伝いをさせていただいている方のうち、特に夜間睡眠が良好ではない方を中心に取り組みを進め、効果検証を行った結果、多くの方で睡眠状態が改善し、意欲や日常生活動作(ADL)の向上につながる場合もあることがわかりました。

 夜間の睡眠状態の改善は日中の覚醒状態の改善につながり、お食事の自力摂取や摂取量の増加、ふらつきの低減や立位・歩行の安定化、活気の向上などの波及効果も見られています。さらに、この取り組みを継続的に実践するためのノウハウについても積み上げながら、社内で全国的に展開してまいりました。

■「夜間ぐっすり排泄ケア」の効果検証の結果
(2018年6月1日から2019年2月15日の間に事前評価および3ヶ月評価が終了した549名についての、取り組み開始前と開始3ヶ月後の評価値の比較結果)


●アテネ不眠尺度:世界保健機関(WHO)が中心になり設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が作成した世界共通の不眠症の判定方法。本来はご本人の主観に基づき評価を行うが、今回の取り組みでは、ご自身で回答できない方については職員による客観評価にて代替。職員の評価と実際の睡眠状態の乖離がないかどうかは、一部の対象者についてパラマウントベッド株式会社の「眠りSCAN」を用いた検証を実施。
●バイタリティインデックス:日常生活動作に関連した「意欲」についての客観的評価指標。
●バーセルインデックス:日常生活動作(ADL)の評価指標の1つ。要介護認定の際にも使われる。

 これらの成果は、第31回および第32回日本老年泌尿器科学会学術集会、ならびに”介護付きホーム研究サミット2019” 第7回介護付きホーム事例研究発表 全国大会(グランプリ受賞)にて発表いたしました。その際、多くの方々に高い関心をお寄せいただいたことから、この度総合情報サイト『介護アンテナ』において公開する運びとなりました。
 本日は第1弾として、施設・居住系サービスにおいて「夜間ぐっすり排泄ケア」を推進するための基礎事項をまとめた、全16ページのガイドブック『夜間ぐっすり排泄ケア 施設・居住系サービス版』を無料公開いたします。今後、成功事例や取り組み推進者向けのノウハウなども順次公開し、ご入居者と職員の双方にとってメリットのある「夜間ぐっすり排泄ケア」の普及・促進を通じて、ご高齢者に寄りそう介護の実現に貢献してまいります。

​注1:『介護アンテナ』(https://www.kaigo-antenna.jp/)は、ベネッセスタイルケアが運営する、全国の介護に携わる方向けの総合情報サイトです。ベネッセの介護事業は今年25周年を迎えており、これまでの事業運営から得た介護技術などのノウハウや「夜間ぐっすり排泄ケア」をはじめとする「ベネッセメソッド」、独自取材に基づくお出かけスポット情報や回想法を基としたレクリエーション素材などを無料提供しています。今回、どなたでもメールアドレスでの簡単な会員登録(無料)のみで「夜間ぐっすり排泄ケア」の実践方法をPDFでダウンロードすることができます。注2:商標登録出願中



親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

今日の脳トレにチャレンジ!!

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP