おとなNEWS

介護や認知症の問題にTECHがどうアプローチするのか

〜まつもとゆきひろさんインタビュー「社会のために『家族信託をあたりまえに』!」〜

認知症になり判断能力を失うと、銀行の定期預金が解約できず出金できなかったり、自宅など不動産の売買といった、あらゆる契約行為が締結できなくなる「資産凍結」が社会的に大きな問題となっており、これを解決する手法として家族信託が注目されております。

 まつもとさんからは、「高齢化する家族にテクノロジーで支援すること」「(家族信託が)車の保険と同じくらい当たり前に」など、家族信託やファミトラへの思いを語っていただいたほか、「『良いチームを作って』『良い開発をしていただいて』『システムがよくなっていく』お手伝いをしたい」というエンジニアに向けたメッセージなどをいただきました。

 ファミトラは、デジタル技術を活用することで家族信託の低価格化を実現し、家族信託を幅広く一般消費者へ普及させることで、豊かな社会の実現を目指しており、高齢化の進む日本でAgeTechを推進しながら、「家族信託」のコモディティ化を目指して事業を展開しております。

◆まつもと ゆきひろさん インタビュー本編
https://seminar.famitra.jp/news/matz-interview-vol1/

◆まつもと ゆきひろ氏
Rubyアソシエーション理事長
スクリプト言語Rubyの生みの親であり、一般財団法人Rubyアソシエーション理事長、株式会社ZOZO技術顧問、Linkers株式会社技術顧問などを務めている。オープンソース、エンジニアのコミュニティ形成などを通じて、国内外のエンジニアの能力向上やモチベーションアップなどに貢献している。自称「世界的にもっとも有名な日本人のプログラマ」。日本OSS貢献者賞初代受賞者。
・Twitter    :@yukihiro_matz
・GitHub    :https://github.com/matz 

◆株式会社ファミトラ
日本の「AgeTech」を推進するスタートアップ企業で、お客さまの認知症による資産凍結を防ぐために、家族信託の組成をITで可能な限り効率化し、初期費用を圧倒的に削減し「家族信託」のコモディティ化を目指して事業を展開しています。
・コーポレートサイト:https://seminar.famitra.jp/corp/ 
・サービス     :家族信託サービス「ファミトラ」https://seminar.famitra.jp/ 
・所在地      :〒106-0032 東京都港区六本木7丁目18−18 住友不動産六本木通ビル2F

◆家族信託に関する無料セミナー情報、コラム記事
https://seminar.famitra.jp/column/
https://seminar.famitra.jp/seminar-info/

親の事が心配になったらまず読む! ↑↑click!

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP