おとなNEWS

七五三についてご存知でしたか? 意味を知ってぜひ神社でお子様の成長をお祝いしませんか?

もうすぐ七五三の季節がやって参りますが、七五三をしますか?

今どきの七四三.

写真だけで済ましてしまう方も居らっしゃるみたいですが・・・

七五三とは、子供の成長を願って行う行事の一つです。

七五三は男の子は3歳5歳に行い、女の子は3歳7歳の11月15日に成長を願って神社やお寺などにお参りに行くという行事です。

数え年で行われていることが多かったですが、今は今の年齢で実施している人のほうが多いといわれています。

七五三は最初は関東地方で行われている行事でしたが、それが全国に広まったといわれています。

3歳まで生きられる可能性が低かったころは、5歳や7歳まで生きるとなるとさらに大変なので、7歳までは、神様からの預かりものという意識が強かったといわれています。

ですから7歳を迎えられて初めて人として認められたということから、七五三という儀式が行われているのです。

そして七歳まで無事に育った子供は宇治神様にお参りをして成長をさらに願います。

 

3歳は男女共通のお祝い(男の子も3歳から髪の毛を伸ばし始めます)ですが、最近では主に女の子のお祝いになっています。 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ち、お祝いするしきたりです。

3歳・・・男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”

5歳・・・男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”

7歳・・・女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健や かな成長を氏神様にお祈りをする。現代的に言えば、子供を思うご両親の愛情表現の行事ということですね。

 

なぜ、三歳、五歳、七歳なの?

中国大陸の古い思想「陰陽説」の中で奇数を陽数といい、めでたい数と言われています。その間をとったものが三、五、七の為、その年齢にお祝いをするとされています。
また、子供の厄年がその年齢にあたるから、とも言われています。
ただし、地方によっては七五三の歳にお祝いをせずに四歳で行ったりと様々です。

 

なぜ、お祝いをするの?

めでたい数だから、厄年だからという以外にもお祝いをする理由があります。
昔は七歳までの子供は「神の子」として扱われ、まだ人間として「一人前」とは考えられていないため、戸籍もなかったそうです。

それは、昔は乳幼児の死亡率が非常に高かった為、まだこの世に命が定着していないとし考えられていたためです。
その為、人生の通過儀礼のお祝いとして三歳から七歳の間にお祝いが行われるようになったと言われています。

 

七五三はいつから始まったのでしょう?

平安時代の中頃に、公家の間で行われていたお祝いの儀が七五三の起源のようです。
この頃は、男女の年齢に関係なくお祝いの儀が行われていたようです。
その後、江戸時代末期の書物には「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解(おびとき)/紐解(ひもとき)」と言われる着物の着け紐を取り去り帯に替える七歳女児の儀式があったと記されていますが、現在では男女の年齢に関係なくお祝いを行っているところが多いようです。
これらは、後に武家社会でも行われるようになりますが、庶民に広まったのは江戸時代。「七五三」の語が使われる様になったのは明治時代からだと言われています。

 

そもそもなぜ11月15日にお祝いすることになったのでしょう?

実は体の弱かった、将軍徳川家光の子供、徳松(後の将軍、綱吉)の健康のお祈りをしたのが11月15日。そのお祈りの後、徳松がすくすくと成長したことにあやかって七五三の式日として広まったと伝えられています。

また、旧暦の15日はつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされていました。

旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねたという話も根拠の一つ。しかし、現代では11月15日にこだわらず、ご家族やお子様の都合に合わせてお祝をする事が多くなってきています。

 

  千歳飴は「寿命が延びる」縁起物

まだまだ子供の死亡率が高かった江戸時代は「飴」の生産が盛んな時期だったといわれています。
江戸浅草の飴屋の考案で、「長生きする様に」と縁起を担いだものと言われています。

飴を引っ張ると延びる様に、千歳飴も「寿命が延びる」縁起物として広まりました。

 

七五三のお参りはどこでするの?

お参りする神社については、基本的に地元の神社、氏神様といわれています。しかし、神社の由来や格式選ぶのも良いのではないかと思います。

 

祝い方

神社でお祝いをしてもらう場合はあらかじめその神社の社務所に申し込んでおきます。
神社には蝶結びの水引をかけた祝儀袋に「初穂料」「御玉串料」と表書きをし、お金を納めます。 お宮参りと同じで、社務所に申し出て、神官のお祓いを受け、祝詞(のりと)をあげてもらいます。
七五三の初穂料としては、だいたい3000円から1万円くらいとなっています。
ですが、これは神社に祝詞を上げてもらうことを希望するときの値段です。

ご祝儀袋に書く表書きは、
「御初穂料」と書いたり「御玉串料」と書いたりすることが一般的です。
渡すタイミングについては神社によっても違うのですが、
基本は祈祷をしてもらってから、そのお礼として渡すのが一般的です。
しかし受付で祈祷を受ける前に受け取る神社などもあり、
事務的に作業を勧めているような場合にはその際に渡せばいいですし、熨斗なども必要ありません。
小さな神社で祈祷をしてもらってから直接渡す場合には神主さんに渡すわけですから、儀式が終わってから、きちんと熨斗袋に入れた上でお礼という扱いで渡すようにしましょう。

こそっと渡したり、袖の下にようにして渡してはいけませんし、
祈祷の前に神主さんに直接渡すのもいけませんから、
わきまえて考えて渡すようにしましょう。

初穂料については、
直接事前に神社に聞いてみるのもいいでしょう。

 

平成29年七五三該当者(数え年)

数え年とは……今年、迎えられる年齢に1を足した数を言います。

三歳 平成27年度生まれ 男児 女児
五歳 平成25年度生まれ 男児
七歳 平成23年度生まれ 女児

 

七五三で参拝したい九州のおすすめ神社

 

 

関連記事

  1. まったく新しい西郷隆盛の誕生!林真理子著『西郷どん!』試し読み公…
  2. キューサイは、西鉄シティホテル西鉄グランドホテルのホテルショップ…
  3. 家族を幸せにするためのコミュニケーションロボット、「こんにちは赤…
  4. 認知症の人の対応~資産騒動~  医療法人社団翠会 和光病院院長 …
  5. 遺品の不法投棄防止について、お伝えしたいと思います。 遺品整理…
  6. 高齢者がかかりやすい病気とは?   おとなナビ博多
  7. ももち浜は大賑わい!「シーサイドももち花火ファンタジアFUKUO…
  8. 療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP