おとなNEWS

タイ料理「マンゴツリー」の新業態 日本1号店「マンゴツリービストロ博多」2019年7月26日(金)オープン! 「マンゴツリー」の新スタイルとして、本格タイ料理をお酒とともにカジュアルにお楽しみいただける新業態がデビュー。

株式会社ミールワークス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小島由夫、以下MW)は、タイ・バンコクに本店を持ち、ロンドン、東京、香港と世界に広がるタイ料理レストラン「マンゴツリー」ブランドの新業態「マンゴツリービストロ」日本1号店を2019年7月26日(金)、福岡県福岡市にオープンいたします。MWは、タイ・バンコクに本店を持つ「マンゴツリー」を2002年、東京・丸の内にオープンし、その後2006年にカジュアル業態の「マンゴツリーカフェ」、2007年にテイクアウトの「マンゴツリーデリ」、2012年にイートイン&テイクアウトのクイックな専門店「マンゴツリーキッチン」と、ハレの日のお食事や会食、日常使いのカジュアルランチやディナー、テイクアウトでオフィス、車内、ご家庭でのお食事と、様々な場面でご利用いただけるタイ料理の形を提案してまいりました。このたび新業態となる「マンゴツリービストロ」は、本格タイ料理をお酒とともに楽しめる業態として、開業から8周年となるJR博多駅直結の複合商業施設「JR博多シティ」9~10F、日本最大級のレストランゾーン「シティダイニングくうてん」初の大規模リニューアルに合わせてオープンいたします。

同店では、タイ・イサーン地方の郷土料理「ガイ ヤーン」(鶏のBBQグリル)をメインに、おつまみにぴったりのアペタイザーから、肉料理、魚料理、自社製の生米麺などマンゴツリーならではのタイ料理と、ビールやカクテル、ワイン、ウィスキー、焼酎など豊富なドリンクをご用意しました。
そして、熊本産のパクチーや天草産のシーフードや肉など、九州地方の食材を積極的に取り入れています。
「ガイ ヤーン」を焼くロティサリーマシンが目印の店内は、バーカウンター、ボックスシート、テーブル席と、お1人様でもお仲間と一緒にワイワイ賑やかにでも、ニーズに合わせて使いやすい空間になっており、平日は近隣で働くビジネスパーソンや出張者、休日はファミリーやカップル、さらには訪日外国人旅行者など、多様なお客様の利用を想定しています。
MWでは東京本社、大阪支社を活動拠点とし、日本各地への出店を進めてまいりましたが、2019年3月の「マンゴツリーカフェ天神」オープンを機に九州支社を設立いたしました。今回の出店で3店舗(ダンシングクラブ福岡、マンゴツリーカフェ天神、マンゴツリービストロ博多)となる九州地域でのさらなる事業強化と食材への取り組み強化を目指し、地元密着を進めてまいります。

店舗概要
マンゴツリービストロ博多
オープン日:2019年7月26日(金)
所在地:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ「シティダイニングくうてん」 10F
営業時間:11:00~23:00
店休日:不定休
店舗面積:115.38平方メートル(34.9坪)
席数:64席(カウンター席11席)

参考資料
メニュー例(価格・内容は変わる場合がございます、金額は税抜です)
イチオシメニュー

タイ・イサーン地方の名物ガイ ヤーン

タイ・イサーン地方の名物ガイ ヤーン“ガイヤーン”

パクチーの根やタイの調味料(シーズニングソース、シーユーカオ)を使ったマリネ液に漬け込んだ鶏肉を焼いたタイ・イサーン(東北)地方の名物。マンゴツリービストロでは、店頭のロティサリーマシンでじっくり焼いてジューシーに仕上げています。
ディナー
“ガイ ヤーン”鶏のBBQグリル  ホール 2,800円、ハーフ 1,500円
博多一番どりの“ガイ ヤーン” ハーフ 3,300円

ガイヤーンプレート

ガイヤーンプレート

ランチ“ガイ ヤーン”プレート 1,480円
イサーン地方の名物“ガイ ヤーン”、“ソムタム”グリーンパパイヤのサラダ、“トム セップ”(スパイシースープ)、“カオ ニャオ”(もち米)を楽しめるプレート

“ガイ ヤーン”&“カオ ニャオ” 1,000円

くうてん限定よくばりプレート

くうてん限定よくばりプレート

くうてん限定よくばりプレート 1,480円

タイの人気メニュー“ガパオ ムー”豚挽き肉のバジル炒めとジャスミンライス、“センレック ナーム”生米麺のスープ麺、生春巻きと季節のデリが一度に楽しめるプレート

<ディナー>

スナック類イメージ

スナック類イメージスナック 480円
スパイシーミックスナッツ
フライドチリペッパー
フライドライスヌードルなど

アペタイザー 480円~1080円

“ミャンカム”

“ミャンカム”“ミャンカム”タイのハーブ前菜
バイチャップルー(ハイゴショウの葉)にピーナッツやエシャロット、唐辛子などの具やソースをのせて食べる前菜“ソムタム タイ”グリーンパパイヤのサラダ
グリーンパパイヤと唐辛子、ココナッツシュガー、タイライム、ナンプラーなどを叩いて和えた「甘・辛・酸」のサラダ

“カノム パン ナークン”シュリンプトースト
海老のすり身を食パンに塗ってカラッと揚げたタイの定番おつまみ

魚・肉料理 1,200円~

“プラー サムロット”

“プラー サムロット”

“プラー サムロット”がらかぶのサムロットソースカラッと揚げた天草産「がらかぶ」に、「甘・辛・酸」のサムロットソースをかけた料理

“ナムトック ヌア”牛ハラミ肉のスパイシーハーブ和え

焼いた牛肉をたっぷりのタイハーブとスパイスで和えたスパイシーなイサーン地方の料理
麺料理 680円~

“センヤイ ラートナー ムー”

“センヤイ ラートナー ムー”“センヤイ ラートナー”オリジナル生米太麺のあんかけ麺
生米の太麺を炒め、豚肉や野菜が入ったタイ醤油味のあんをかけた料理

“センレック ナーム”オリジナル生米麺のスープ麺
鶏&豚ベースであっさりとした味わいのスープに生米麺を入れたタイ屋台の定番メニュー

オリジナル生米麺・・・マンゴツリーが自社工場で数年かけて開発した米麺で、もちもちの食感と風味が醸し出す本場の美味しさが特徴

デザート 600円~
マンゴプリン、ココナッツ風味のティラミス、マンゴアイスクリームなど

ランチ
こだわり名物ランチ 1,000円

“ガパオ ムー”

“ガパオ ムー”“ガパオ ムー”豚挽き肉のガパオ炒め&ライス
豚挽き肉とタイハーブ“ガパオ”を唐辛子、ナンプラーなどの調味料と炒めたタイの定番料理

“カオ マン ガイ”茹で鶏のタイチキンライス
鶏を茹でたスープで炊いたジャスミンライスに鶏をのせ、タオチオ(タイの豆味噌)ソースをかけた屋台料理

オリジナル生米麺ランチ 880円~

“センレック トムヤム”

“センレック トムヤム”“センレック トムヤム”生米麺のトムヤムスープ麺
タイ料理定番のトムヤムスープにオリジナル生米麺を合わせたマンゴツリーの人気メニュー

“センレック ヌア”生米麺のビーフスープ麺
濃厚なビーフスープに牛肉をトッピングしたボリューム感あるスープ麺

<コース>

4500円コース

4500円コースディナーコース 3,704円、4,167円、4,630円
(フリードリンク付き、税込でそれぞれ4,000円、4,500円、5,000円)

ランチコース 2,376円

mango treeとは】
タイ・バンコクに1994 年に創業し、ロンドン、日本、ドバイ、香港と世界各国に展開するタイ料理レストラン「mango tree」。日本では2002年9月に「マンゴツリー東京」をオープンし、”Authentic Thai Cuisine”をテーマに、タイ伝統の味を洗練されたサービスと共にお届けしています。姉妹店として、タイ伝統の味をカジュアルにご提供するカフェレストラン「マンゴツリーカフェ」(新宿・恵比寿・有楽町・池袋・上野・豊洲・横浜・川崎・大宮・名古屋・大阪・EXPOCITY・天神)、「マンゴツリーカフェ+バー」(高輪)、ご家庭でもタイの伝統料理をお楽しみいただけるテイクアウト専門店「マンゴツリーデリ」(伊勢丹新宿本店・ラゾーナ川崎プラザ)、テイクアウトにイートインスペースをプラスした「マンゴツリーキッチン」(東京駅グランスタ・グランスタ丸の内・渋谷ヒカリエShinQs・グランフロント大阪・横浜ジョイナス・エキエ広島)、フードコート「マンゴツリーキッチンららぽーと横浜」など、「mango tree」の世界は広がり続けています。
https://mangotree.jp/

【会社概要】
会社名:株式会社 ミールワークス
代表者: 代表取締役社長 小島 由夫
弊社代表 小島は、長年にわたるタイ料理レストラン「コカレストラン」や「マンゴツリー」などの運営により、日本におけるタイ食文化の普及を通じたタイ観光への多大なる貢献が認められ、2015年11月に、タイ国政府観光庁より「タイ食文化名誉奨励者」に任命されました。
弊社では、タイ料理を通じ、日本の皆様にタイの文化を伝えています。そしてさまざまな活動を通して、より多くの方がタイの新しい魅力を発見し、タイを好きになっていただくことを目指しています。
本社所在地:東京都目黒区下目黒2-17-18
設立日:1992 年4 月30 日
業務内容:日本国内でのコカレストラン、マンゴツリー、マンゴツリーカフェ、マンゴツリーキッチン、マンゴツリーデリ、カオマンガイキッチン、ダンシングクラブ、トロ、天よし、スラッピーケークスなどを運営
https://www.mealworks.co.jp/

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP