おとなNEWS

シニア世代は読んで欲しい…クスリと食品の危険な食べ合わせ「その組み合わせは本当に大丈夫?」 おとなNEWS

 日ごとの寒暖差が激しい季節の変わり目は、シニア世代にとっても体調を崩しやすい時期である。当然、薬を服用する機会も増えるのだが、日常的に口にしている食材やサプリとの組み合わせによっては、薬が「毒」に化けてしまう。時には、死を招く“食べ合わせ”となることもあるのだ。ぜひとも、服用の前に以下の記事をご一読いただきたい!

「お薬手帳」は持っているけど、面倒なので活用していない。そして、医師から処方された薬を受け取る際の薬剤師の説明はうわのそら。他に薬を服用しているわけでもないし、薬袋に書いてある用法と用量だけを守っていれば、病気は治るだろう──。

そう思っている諸氏は、みずからの健康だけでなく、命さえも危険にさらしている可能性がある。

複数の薬を服用することで、薬の効果が消えてしまう、逆に効果が必要以上に強まってしまうことは広く知られている。この相互作用と呼ばれる現象は、薬と食品でも発生する。そして、昨今ではサプリメントなどの健康食品の普及で、薬と食品の「危ない食べ合わせ」は複雑になっているのだ。

まずは、食事として一般的に口にする食品から見ていこう。納豆は日本の伝統的な発酵食品として健康にいいと言われている。

ところが、心筋梗塞などを患った人が血を固まりにくくする薬であるワルファリンカリウムを飲んでいる場合、納豆を食べると、この薬の作用を弱めてしまうこともありうる。納豆に含まれるビタミンKがその原因だ。

ビタミンKは納豆以外にも含まれている。

薬剤師で医薬情報研究所株式会社エス・アイ・シーの医薬情報部門責任者の堀美智子氏はこう話す。

「ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜にもビタミンKは含まれますが、納豆菌が腸内でビタミンKを合成してしまうため、野菜に含まれる量とは比較にならないほどです。どうしても納豆を食べたい人は他の薬に変更してもらうのも一つの方法です」

ちなみに、健康食品などに含まれるナットウキナーゼの摂取も避けるべきだ。

次に、酒の肴として重宝されるマグロやブリなども、ある薬との相性が悪い。抗結核薬のイソニアジドである。

厚労省は「日本はいまだ結核蔓延国」としており、11年の統計では2万2000人以上が発症している。内訳は新規患者の多数を70歳以上のシニア世代が占めているのだ。しかし、結核となれば隔離される。そうなれば、食事は病院食となり、まさか危険な食べ合わせと遭遇することはないと思われるが‥‥。

「結核病棟で出された食事にブリがあって、大騒ぎになったことから、この相互作用が判明したと言われています」(医療関係者)

魚の鮮度が落ちれば落ちるほど、ヒスタミンが増える。たとえ、薬を服用していなくても、魚を食べる時は鮮度がいいものを選ぶに越したことはない。

通常の食生活で最も要注意なのがグレープフルーツだろう。高血圧や狭心症などに用いるカルシウム拮抗薬が代表的な例だが、他にも相互作用が起きうる薬がある。

「片頭痛治療薬のエレトリプタンもグレープフルーツとの相互作用が懸念されています。他にも多くの薬の作用に影響することが知られているので、グレープフルーツやそのジュースが好きという方は薬を受け取る際に確認してください」(堀氏)

原因となるフラノクマリン類の作用は3~4日間続く場合もある。服用期間中は摂取を控えたほうがよい。同じ柑橘類でもスウィーティーや文旦は影響が出るが、オレンジや温州みかんは影響がないという。服用中にどうしてもグレープフルーツが食べたい場合は、後者で代替すべきなのだ。

昨今、ドラッグストアにはサプリメントなどの健康食品コーナーが設けられるほど、広く世間に普及している。

その健康食品の中でも注目したいのが、セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)だ。ハーブの一種で、気分的なイライラなどを抑えると言われている。空腹によるイライラを抑制するためか、ダイエットサプリなどに含まれていることがある。

心疾患用薬(プロパフェノン・ジソピラミドなど)との相互作用があげられるが、他にもワルファリンカリウム、アミオダロン塩酸塩など多数の薬の効果に影響を及ぼすというのだ。

堀氏はこう話す。

「セント・ジョーンズ・ワートは薬への影響についてグレープフルーツとは逆の働きをすると考えてください。肝臓で薬の分解を促進するため、薬の効果が十分に得られなくなる可能性があります。多数の薬との相互作用が指摘されていますので摂取する時は医師や薬剤師に相談してください」

セント・ジョーンズ・ワートが影響を与える病は心疾患、血栓、不整脈‥‥。死に至る可能性もある。

こうしたサプリは健康志向が強い人ほど、あれもこれもと飲んでしまう。意外と見過ごしがちな落とし穴が多いのも事実だ。

例えば、カルシウムと聞けば、誰しも骨を強化するのに有効であることは知っている。でも、骨粗鬆症の治療薬ではカルシウム補給が必要な薬とそうでない薬がある。医師の指示に従うべきなのだ。

骨粗鬆症は女性の病気とタカをくくっている人も多いだろう。確かに、女性患者が多数だが、60歳を越えると男性患者がグンと増える傾向がある。骨粗鬆症治療薬とカルシウムの関係は知っておいて損はない。

さらに、食後血糖値上昇抑制薬とトウチエキス含有サプリの関係も複雑だ。トウチエキスと聞いてもピンと来ないかもしれないが、「血糖値が気になる方へ」というような宣伝文句のサプリに含まれている成分だという。つまり、糖尿病患者が「血糖値が気になる」のは当然で、「じゃ、薬のついでにサプリも‥‥」と欲張るのは大間違いということだ。

医学博士で新渡戸文化短期大学学長の中原英臣氏はこう話す。

「日本におけるサプリの定義というのは曖昧で、その内容も玉石混交なのです。確かに、特定保健用食品や栄養機能食品に指定されているものは体にいいが、基本的には薬ではない。つまり、薬以上の効果はないということです」

それでも、まだ不安という諸氏は迷わず専門家に相談に行くべし! 薬を死に至る「毒」に変えることだけは避けたいところだ。

 

アサ芸プラス twitterへリンク

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP