おとなNEWS

コロナ禍の中でも福岡市は挑戦し続けます! ~「新規創業促進補助金」「資本性劣後ローン利子補給事業」の支援制度がスタートします~

グローバル拠点都市に選ばれた「スタートアップ都市・ふくおか」は,コロナ禍におけるスタートアップ支援としてオンライン創業相談に加え,「新規創業促進補助金」「資本性劣後ローン利子補給事業」を新たにスタートしましたのでお知らせします。

「新規創業促進補助金」とはhttps://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/r-support/business/tokutei-sougyou-sientoujigyou_3.html
「資本性劣後ローン利子補給事業」とはhttps://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/r-support/business/subordinated_loan_subisdy.html

コロナによりイベントや対面での創業相談ができなくなる中,福岡市ではいち早くオンラインでの対応を開始。その結果,相談件数は4割増え,スタートアップカフェでの創業件数も昨年に比べ3倍以上に増えています。

創業相談の内容も「コロナをきっかにこれまで温めていたWebプラットフォームサービスを事業化したい」「コロナで大学に行けないのでアプリづくりにチャレンジしたい」等多岐にわたっています。

このように新たにチャレンジする人々を後押しするため,福岡市では新たな補助金をスタートしました。これにより福岡市内で会社を設立する方は登録免許税の自己負担が実質0円で会社の登記が可能となります。さらにオンラインで登記手続きが可能な開業ワンストップセンターを活用できる等コロナ禍でも創業しやすい環境を整えています。

 また,コロナの影響で資金調達が難しくなっているスタートアップに対しては,国の資本性劣後ローン制度に福岡市が独自に利子補給を行うことでさらにスタートアップの成長の後押しを行います。

高島市長のコメント
「コロナで大きく生活様式が変わり社会ニーズが変わる時だから供給する側の産業も大きく変わっていかなければいけない。こうした大きな変化のタイミングだからこそスタートアップにとって大きャンスの時。Withコロナ,アフターコロナに対応した新たな価値の創造にチャレンジする人々をしっかりと後押しすることで、福岡・日本の活性化を目指します!」

福岡市では,コロナ禍においても新たな価値を創造するスタートアップが続々と生まれています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: okane-300x199.jpg
その他お金の情報は↑↑
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP