おとなNEWS

おとなの本棚 いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術

九州で活躍する92歳の現役料理家桧山タミ先生。日本の料理研究家の草分けとして知られる江上トミ先生の愛弟子として戦前・前後と師事してきたタミ先生、初の著書。

今朝はアサデスでも特集されてましたね。

とにかく先生の笑顔が可愛らしくて・・・

こんな風に年を重ねていくことができたらと思わせて下さる「おとな」

 

52歳で「桧山タミ料理塾」を開設し、現在まで50年の教えが詰まった人生の教科書的一冊です。

迷いや悩みがあるとき、この本を開いてみてください。ふと心に触れるタミ先生の「ほんとう」の言葉が生きる力につながるお守りになるはずです–。タミ塾の「いのちが喜ぶ愛情レシピ」も収録。

 

 

梅はその日の難逃れ。

梅干しは、日本の奈良時代頃にはあったと言われていますが、昔の旅人や兵士がいつも常備していたという梅干しは、途中で病気にならないようにするための「薬」として持っていたそうです。

旅館の朝ごはんに必ず梅干しが出るのはその言い伝えもあってのことだそうです。

「塩梅(あんばい)」という言葉があります。これは、酸味と塩味で調味をしていた梅酢が由来になっております。昔は味付けの塩梅を意味していましたが、最近では具合の良さや、丁度良い様などを“いい塩梅”などと言うようになりましたね。

 

うめぼし

 

 

朝の梅干しはきっとあなたの1日を守ってくれることでしょう。

こんなふうに・・・・

タミ塾の50年の教えが詰まった人生の教科書

 

連休中に、amazon や7netなどのネット書店で在庫切れになってしまいました。

文藝春秋のサイトからお近くの書店の在庫状況がわかりますのでご利用ください。現在はamazonは18日出荷が終わり21日出荷のようです。

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906904

◆年を重ねても健やかに生活する術に触れたいとき……
1章 [大らかなれ] わたしの生活習慣、心とからだの養生

◆自然に寄りそった食の大事を思い返すとき……
2章 [賢くあれ] 自然とからだを結ぶ旬材、学び方と選び方

◆調理道具や調味料の知恵を知りたいとき……
3章 [健やかなれ] 五感に心地良い、基本の道具と調味料

◆子育てや家族のつながりに心を寄せたいとき……
4章 [やさしくあれ] 子ども・家族、命を思いやる家庭料理

 

 

いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術

関連記事

  1. Apple社CEOを驚かせた82才おばあちゃん、次世代へのメッセ…
  2. 10月2日は「とんこつの日」マルタイとんこつキャンペーン~ 抽選…
  3. 映画「忍びの国」×味の明太子ふくやキャンペーン開催中。期間限…
  4. ホテルオークラ福岡では、2018年2月26日に山崎育三郎のトーク…
  5. デジタルガレージ、福岡市、福岡地域戦略推進協議会、ヘルスケアイベ…
  6. 博多マルイに「サーガ!!! on ICE」の福岡サテライト会場が…
  7. 七五三についてご存知でしたか? 意味を知ってぜひ神社でお子様の成…
  8. 自宅や職場で、全国のイルミネーションがリアルに楽しめる! VR …

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP