おとなNEWS

「DENCHA」が「環境負荷の低減に大きく付与」2017年ブルーリボン賞|乗りものニュース

DENCHA

「鉄道友の会」が選ぶ2017年「ブルーリボン賞」に、JR九州の819系交流架線式蓄電池電車「DENCHA」が選ばれました。

電化・非電化の両方を走る「DENCHA」

 2017年5月24日(水)、「鉄道友の会」が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。2017年の「ブルーリボン賞」には、JR九州の819系交流架線式蓄電池電車「DENCHA」が選ばれました。

 この車両は、国鉄時代から使われている老朽化したディーゼルカーの置き換えを目的に導入されました。線路の上に電線が張ってある電化区間では、従来の電車と同じように電線から取った電気の力で走り、あわせて走行中や停車中に電気を蓄電池に充電します。

 線路の上に電線がなく電車が走れない非電化区間では、パンタグラフ(電車の屋根にある電線から電気を取る装置)を下げて、蓄電池の電力で走ります。またブレーキ時に、進もうとするエネルギーを車両のモーターに戻して発電した電気(回生エネルギー)を蓄電池に充電することで、省エネルギー化を実現しています。

 主回路蓄電池はリチウム蓄電池モジュールを72個直列につないだものであり、それが入った電池箱は青色に塗装され、床下に取り付けられています。

筑豊本線などで運行中

 車両は2両編成。片側3ドアで、座席は窓を背に座るロングシートです。現在は、筑豊本線の折尾~若松間(若松線)や、筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)の直方~桂川~博多間の一部で使用されています。

「鉄道友の会」は「気動車から電車システムに置き換わることにより、エンジンの騒音・振動・排気ガスがなくなり、動力費およびメンテナンス費用の削減、回生ブレーキによる電気エネルギーの再利用等、環境負荷の低減に大きく寄与し、電車になることで沿線イメージ向上などの効果も期待されます。これらの特徴を高く評価し、ブルーリボン賞に選定しました」としています。


「ブルーリボン賞」「ローレル賞」は、「鉄道友の会」が毎年1回、前年に日本国内で営業運転を始めた鉄道車両のなかから選定する賞です。同会会員の投票結果をもとに、選考委員会が利便性や快適性、環境対応、新技術の有効活用といった観点から車両を評価。「最優秀」と認められた車両には「ブルーリボン賞」が、「優秀」と認められた車両には「ローレル賞」がそれぞれ贈られます。なお、今年の選考委員は10人、候補車両は13形式でした。


 乗りものニュースのホームページへ 

新着記事一覧

  1. ホワイトデーをはじめた石村萬盛堂が提案するおうちで楽しむマシュマロデー マシュマロレシピを毎日SNSで公開!進化系マシュマロホイップの体験型イベントも実施。
  2. 「感染症対策支援事業」を活用して、介護施設が31台の“着るロボット”を導入
  3. 介護記録AIアプリ「CareWiz 話すと記録」2021年4月リリース AI×音声入力で介護スタッフの業務をサポート 〜記録自動化により、スタッフ1人あたり「1日40分の時間削減」〜
  4. 高齢者住宅のご入居者・ご家族専用ポータルサイト開設 介護現場の業務効率改善と、ご入居者ご家族への迅速な情報提供を実現/2021年5月までに全32拠点で運用開始予定
  5. これから終活をはじめる人のための無料終活基礎講座「終活ガイド初級(3級)検定」リニューアル ~何から始めればいいか分からない人におすすめ!終活の資格がスマホで取れます~
  6. 終活という言葉はよく聞くけど、いつ始めたらよいのか…。まず何から始めたらよいのか…。 終活の「始め時」がつかめない方、不安に感じている方にぜひ見ていただきたい内容となっています。
  7. 『やさしいお葬式™』が【福岡県】へ新型コロナ感染症で亡くなられた方へのご葬儀プランを拡充
  8. ステイホーム需要で累計発行部数777万部突破 大人向け塗り絵のパイオニア、河出書房新社の「大人の塗り絵」シリーズ
  9. 『出前館』、ウルトラ半額祭を2月19日(金)から5日間開催‼ ~過去最大の開催期間&参加店舗数~

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

ホワイトデーをはじめた石村萬盛堂が提案するおうちで楽しむマシュマロデー マシュマロレシピを毎日SNSで公開!進化系マシュマロホイップの体験型イベントも実施。
  1. 「感染症対策支援事業」を活用して、介護施設が31台の“着るロボット”を導入
  2. 介護記録AIアプリ「CareWiz 話すと記録」2021年4月リリース AI×音声入力で介護スタッフの業務をサポート 〜記録自動化により、スタッフ1人あたり「1日40分の時間削減」〜
  3. 高齢者住宅のご入居者・ご家族専用ポータルサイト開設 介護現場の業務効率改善と、ご入居者ご家族への迅速な情報提供を実現/2021年5月までに全32拠点で運用開始予定
  4. これから終活をはじめる人のための無料終活基礎講座「終活ガイド初級(3級)検定」リニューアル ~何から始めればいいか分からない人におすすめ!終活の資格がスマホで取れます~
  5. 終活という言葉はよく聞くけど、いつ始めたらよいのか…。まず何から始めたらよいのか…。 終活の「始め時」がつかめない方、不安に感じている方にぜひ見ていただきたい内容となっています。
  6. 『やさしいお葬式™』が【福岡県】へ新型コロナ感染症で亡くなられた方へのご葬儀プランを拡充
PAGE TOP