おとなNEWS

「謎解き」で楽しみながら「脳力」を鍛えよう!篠原菊紀(諏訪東京理科大学・脳科学教授)監修『脳が喜ぶ新刺激がたくさん!謎解きドリル70問』 2019年9月28日(土)発売 株式会社SCRAP

世界中で参加者を熱狂させる“リアル脱出ゲーム”を企画運営する「株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)」は、謎解き関連の書籍を発行する出版レーベル「SCRAP出版」より『脳が喜ぶ新刺激がたくさん! 謎解きドリル70問』を、2019年9月28日(土)から全国で発売することを発表いたします。


詳細ページ
https://scrapshuppan.com/books/drill70/

本書は、普段クロスワードや数独をお楽しみの方へ向けて、新たな「脳力」トレーニングとして「謎解き」を提案する本です。SCRAP主催の謎解き検定「謎検」出題問題を中心に、よりすぐりの謎解きを70問セレクトし、各問題の正答率から初級~上級に分類して掲載。監修者には脳科学教授の篠原菊紀氏を起用し、脳に効くポイントを知りながら各問題を解くことができます。また、各問題には3段階のヒントと丁寧な解説が付いていますので、初めての方でも安心して進めることが可能。さらにラストには、初級編/中級編/上級編の問題を応用した「最終問題」も収録しています。1人ではもちろんのこと、家族や友人と一緒に解いても、楽しみながら「脳力」を鍛えることができます。

※本書に収録の問題は、最終問題を除き、既刊『謎検 過去問題&練習問題集』『SCRAPヒラメキナゾトキBOOK』から抜粋したものです。

SCRAPがお届けする、「脳力」を鍛えるのに最適かつ上質な「謎解き」が詰まった本書にぜひご期待ください。

  • 『脳が喜ぶ新刺激がたくさん! 謎解きドリル70問』概要

■タイトル

『脳が喜ぶ新刺激がたくさん! 謎解きドリル70問』

SCRAP著
篠原菊紀(諏訪東京理科大学・脳科学教授)監修

■詳細ページ
https://scrapshuppan.com/books/drill70/

■仕様
AB判/96ページ/4C

■ISBN
978-4-909474-26-1

■価格
定価1,000円+税

■販売場所
・SCRAP GOODS SHOP(通販)、Amazon.co.jpなどのネット書店
 →予約受付中。2019年9月28日(土)より発売
・全国書店、TOKYO MYSTERY CIRCUS、全国SCRAP常設店舗、その他開催会場
 →2019年9月28日(土)より発売

■商品に関するお問い合わせ
株式会社SCRAP
SCRAP出版 担当:佐古田、大塚
TEL:03-5341-4570

  • 補足情報

リアル脱出ゲームとは
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで550万人以上を動員している。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
☆公式サイト→https://realdgame.jp/    ☆ツイッターアカウント→@realdgame

SCRAP出版とは?
2016年6月、SCRAPの出版レーベルとして設立。『リアル脱出ゲーム presents 究極の謎本』『同  究極のクロスワード本』『リアル脱出ゲームブックvol.2   ルネと秘宝をめぐる旅』『3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行』『謎解きパズル塗り絵』など、謎解き専門書籍を次々と発行し、自宅でも楽しめる濃密な体験を提供。また、2017年から始まった日本唯一の謎解き検定試験「謎検」の対策問題集『謎検 過去問題&練習問題集2017春』『同2018春』『同2018秋』も発売し、好評を博している。
★オフィシャルサイト⇒ https://scrapshuppan.com/

<SCRAP出版の既刊書籍>

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP