おとなNEWS

「葬儀の達人」が見つけた究極のセレモニー 伝統→価格重視→こだわりへ

家族・過疎…変わる葬儀

 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、2015年の死亡数は、130万2000人(推計値)で、今後25年間にわたって、右肩上がりに伸びていきます。

核家族化や、お寺などとの縁が薄まる中、死亡数のピークは、1947年から1949年生まれの「団塊世代」が90代を超える2040年と推測されています。

大きな変革期を迎えている葬儀。新しいスタイルを提案する動きは自宅葬以外でも生まれています。

葬儀社「アーバンフューネスコーポレーション」は、葬儀で「サプライズ」を提供することで話題を集めています。

祭り好きだった人のためには法被を着た「太鼓隊」まで用意する徹底ぶりです。

「アーバンフューネスコーポレーション」社長の中川貴之さんも、自宅葬コンシェルジュの馬場さんも、共通して強調するのは「葬儀は残された人のもの」という考えです。

第二の波を経験して値段の相場観をわかったからこそ、納得できるなら葬儀の価格にはそれほどこだわらない人が生まれている。そして、そんな変化に対応したビジネスが誕生しています。

 

詳しくは ↓↓↓

「お葬式」にもサードウェーブ? 「葬儀の達人」が見つけた究極のセレモニー 伝統→価格重視→こだわりへ

価格よりこだわりの波が葬儀にも。自宅葬を提案する自宅葬コンシェルジュの馬場翔一郎さん

出展

withnews

関連記事

  1. 世界初の認知症予防ワクチンが誕生?
  2. 葬儀の事前準備     おとなナビ博多
  3. 特集 リオデジャネイロオリンピック2016  番組表もありますよ…
  4. 活き活きと趣味活動をするシニア層の“楽しく続ける”を応援するウェ…
  5. 「~明治維新150年~生誕150年 横山大観展」佐賀県武雄市で開…
  6. 年末年始に向け、空港周辺駐車場のネット予約対応を開始!福岡200…
  7. 農薬大国・オーガニック後進国「日本」でオーガニック食品が広まらな…
  8. 博多マルイで「ローソンチケット 2017クライマックスシリーズ …

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP