認知症

アルツハイマー型認知症の兆候に気づく質問

認知症の症状として、
よく知られているのは「もの忘れ」です。

老化に伴うもの忘れは、
誰にでも起こりうるもので、
特段気にする必要はないかと思います。

ですが、認知症によるもの忘れの場合は
早い段階でその兆候をみつけて、
医師の診断を受けるなど、早い対応が大切になります。

認知症の発症原因によっては、
適切な治療で治る可能性があります。

認知症の場合でも、早い段階から治療することで
重症化の遅延や行動・心理症状の軽減につながります。

認知症によるもの忘れの場合、
中核症状の記憶障害がみられるようになります。記憶障害が表れているかどうかに気づくためには、「昨日の夕食は何を食べましたか?」と、本人に質問するのはひとつの方法です。

ただ、質問する側も記憶があいまいではいけまので、
事前にメモを取る、撮影する等、正解を確認しておきます。

質問してみて、5品のおかずのうち、
3つくらい正しく答えられていれば、
一旦は認知症の心配はなさそうです。

しかし、アルツハイマー型認知症の場合、
取り繕っているケースがありますので、
注意が必要になります。

前日の夕食に食べたものを質問されたとき
アルツハイマー型認知症の人の場合、

「たいしたものは食べてないなあ」

「前日の残りものだった」

などと答えることがあります。

一見、ごく自然に受け答えをしていて
会話が成立しているようにみえます。

実は食べたものを覚えていなくて、
具体的に答えられないだけの可能性があります。

もちろん、本人には騙す気はなく、
覚えていないことを悟られないように、
うまく取り繕って、そのような答え方をしているのです。

他にも認知症のサインがみられるようであれば、
認知症を疑って、早期に医師の診断を受けるといいでしょう。

他の認知症のサインについては、
東京都が無料公開している

「知って安心 認知症」パンフレット(PDF形式:2.20MB)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/05/DATA/20o5u200.pdf

が参考になります。

同パンフレットのP5-6に、
「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」
として、10個のチェック項目が記載されています。

認知症対策は、早期発見・早期対応が基本です。

今回ご紹介した質問やチェックリストを使って、
まずは自分や家族の変化に早い段階から気づきたいものです。

 

一般社団法人 元気人

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

母の日特集

PAGE TOP