介護

高齢者福祉施設の居室に向けた低価格帯の手動昇降式洗面化粧台「Daysy」を開発し、発表しました。

車いすでの使用イメージ車いすでの使用イメージ

■「Daysy」開発の背景
超高齢化社会を迎えた日本社会において、ADL(日常生活動作)・QOL(生活の質)の低下は重大な課題となっています。今回、インフィルはADLの中でも「整容(化粧・洗顔など)」に着目し、高齢者や車いすを使用される方が気軽に、心地よく身だしなみを整えられる洗面化粧台を開発することで、整容によってもたらされる身体機能の維持や、社会活動への参加意欲の向上といった自立支援介護に貢献することを目的としています。
また、ターゲットとする高齢者福祉施設の居室は洗面台の昇降頻度が少ないため、昇降を電動式ではなく手動式にすることで導入コストを下げており、事業者にとってもベネフィットのある商品です。

■資生堂との共同出展の背景 
整容を起点にした自立介護支援について、インフィルの「Daysy(デイジー)」が持つハードの側面と、ADLの維持・向上につながる化粧療法を目的としたセミナーを開催する資生堂のソフトの側面を融合することにより、相乗効果を発揮できると意見が一致し、今回のコラボレーションに繋がりました。
また、高齢者でも化粧をより快適にできるように、資生堂の意見を取り入れた可変タイプのミラーキャビネットを開発しており、今回のCareTEX2018で参考出展しています。

■「Daysy」の特徴

①利用者の動作に配慮
様々な体格の方に合わせ、カウンターを5段階の高さに調整できます。調整部分は、利用者が誤って高さを調整しないよう安心できる設計です。接合部分には乾式目地(水を使わない工法)を採用しており、昇降式洗面化粧台の問題点である漏水を防ぎます。

②高齢者福祉施設等事業者の導入にかかる課題を解決
高さ調整が手動式のため、電動式の既存商品に比べて低価格であり、事業者の導入ハードルを下げています。また、軽量素材を採用しているため女性スタッフでも簡単に昇降可能です。

③居室のインテリアと調和するデザイン
居室の雰囲気に合わせた木目調のデザインで、心地よい空間を作り上げます。

■商品名の由来
「Daysy」はヒナギク“Daisy”から派生した造語で、Days(日々)とeasy(楽に)を組み合わせています。
ヒナギクは寿命が長いことから“長寿菊”とも呼ばれており、商品コンセプトとも合致しています。

■「Daysy」商品概要

DaysyDaysy

商品名:Daysy(デイジー)
開発・販売元:株式会社インフィル
価格:150,000円(税抜)※参考価格
販売開始時期:2018年4月予定

【インフィルについて】
インフィルは、三谷産業グループにおいて主に首都圏で住宅設備機器関連商品の営業・設計・施工管理を行っています。一級建築士事務所として永年培ってきたパートナー企業との信頼関係を武器とした、住宅新築・リニューアル案件、さらには子会社の株式会社インテンザと連携したオリジナルブランド商品開発にも取り組んでいます。
URL: http://www.infill.co.jp/

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP