介護

通所介護(デイサービス)って?解説と施設検索

通所介護(デイサービス)とは、日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。
施設で他の利用者と接することで引きこもりや孤立を防ぎ、また介護をする家族にとっても負担を軽減することができます。

こんなときに利用を検討しましょう

被介護者が閉じこもりがちなので、他人とコミュニケーションできる場で介護してほしい
仕事や育児、自分の時間を作るために、半日被介護者を預かってもらいたい
ひとり暮らしまたは老々介護なので、自宅での入浴が難しい

利用対象者
要介護(1~5)と認定された方
40~64歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。
※要支援(1~2)の方は介護予防通所介護は地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)の対象となります

利用方法
通所介護(デイサービス)を利用するまでの流れ
1. 担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談しよう
2. 事業所を見学しに行こう
2~3つほど、利用したい事業所の候補をあげ、それぞれ見学して比較検討しましょう。
3. ケアプランを作成してもらおう
実際に利用したいサービスの内容や、利用頻度などを決め、利用したいサービス提供事業者と話し合いましょう。
4. サービス提供事業者と契約後、サービスの利用開始!
ケアプランが完成したら、直接サービス事業者と契約をし、サービスの利用を開始しましょう。

※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります

通所介護(デイサービス)のサービス内容

1日のスケジュール
1日のスケジュールは以下のようになっています。
朝  :送迎
到着時:健康チェック
午前 :入浴サービス
正午 :昼食
午後 :機能訓練、レクリエーション
夕方 :送迎

※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります
詳しくはご利用になるサービス提供事業者にお問い合わせください

「デイサービス」と「デイケア」との違い
デイケア(通所リハビリテーション)のサービス内容

いずれも食事や入浴などのサービスを提供していますが、大きな違いは「デイケア」の主な目的が「リハビリテーション」であるということです。「デイケア」には必ず医師が在籍しており、医師の指示書に基づいて、専門家によるリハビリテーションが提供されます。
一方、デイサービス(通所介護)で提供されている機能訓練は、医師の指示書に基づいたものではありません。
必要であれば「デイケア」と「デイサービス」の両方を利用することも可能ですので、ケアマネジャーに相談をして見てください。
「認知症対応型通所介護デイサービスに」は、認知症の方を対象とした認知症対応型通所介護(デイサービス)もあります。
通常のデイサービスのようにデイサービスセンターやグループホームに通い、入浴や食事などの認知症の方の日常生活の支援や生活機能の向上を受けることができる介護保険サービスです。
認知症対応型通所介護とは 特徴と探し方

サービス費用 計算式
通所介護(デイサービス)の利用費は、1日あたり=サービス提供費用+食費+その他(日用品費、各種加算など)です
※サービス提供費用は市区町村や事業者によって異なります。ここでの計算はあくまでも目安としてご利用ください。

サービス提供費用 一覧
(1)小規模型通所介護施設を利用した場合
小規模通所介護(利用定員が19人未満のもの)については、2016年4月に地域密着型に移行したため、原則としてお住まいの市町村にある施設、サービスを利用することになります。

要介護度 自己負担額(利用時間別)
3~5時間未満 5~7時間未満 7~9時間未満
要介護1 426円/日 641円/日 735円/日
要介護2 488円/日 757円/日 868円/日
要介護3 552円/日 874円/日 1,006円/日
要介護4 614円/日 990円/日 1,144円/日
要介護5 678円/日 1,107円/日 1,281円/日
※上記の他、入浴費・アクティビティ費などは別途加算、食費は自己負担となります。
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割になります。

(2)通常規模型通所介護施設を利用した場合

要介護度 自己負担額(利用時間別)
3~5時間未満 5~7時間未満 7~9時間未満
要介護1 380円/日 572円/日 656円/日
要介護2 436円/日 676円/日 775円/日
要介護3 493円/日 780円/日 898円/日
要介護4 548円/日 884円/日 1,021円/日
要介護5 605円/日 988円/日 1,144円/日
※上記の他、入浴費・アクティビティ費などは別途加算、食費は自己負担となります。
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割になります。

(3)大規模(Ⅰ)型通所介護施設を利用した場合

要介護度 自己負担額(利用時間別)
3~5時間未満 5~7時間未満 7~9時間未満
要介護1 374円/日 562円/日 645円/日
要介護2 429円/日 665円/日 762円/日
要介護3 485円/日 767円/日 883円/日
要介護4 539円/日 869円/日 1,004円/日
要介護5 595円/日 971円/日 1,125円/日
※上記の他、入浴費・アクティビティ費などは別途加算、食費は自己負担となります。
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割になります。

(4)大規模(Ⅱ)型通所介護施設を利用した場合

要介護度 自己負担額(利用時間別)
3~5時間未満 5~7時間未満 7~9時間未満
要介護1 364円/日 547円/日 628円/日
要介護2 417円/日 647円/日 742円/日
要介護3 472円/日 746円/日 859円/日
要介護4 524円/日 846円/日 977円/日
要介護5 579円/日 946円/日 1,095円/日
※上記の他、食費・入浴費・アクティビティ費などは別途自己負担となります
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)等によって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

主な加算費用一覧

加算名 自己負担額
個別機能訓練加算(Ⅰ) 46円/日
入浴介助加算 50円/日
栄養改善加算 150円/回
口腔機能向上加算 150円/回
若年性認知症ケア加算 60円/日
サービス時間延長加算 9時間以上10時間未満の場合 +50円
10時間以上11時間未満の場合 +100円
11時間以上12時間未満の場合 +150円
12時間以上13時間未満の場合 +200円
13時間以上14時間未満の場合 +250円
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

施設の規模についての説明
小規模(利用定員が19人未満のもの)以外の施設の規模は、前年度(4月~翌年3月)の1か月当たりの平均利用延べ人数によって決まります。
通常規模
月に平均 300人超750人以下
大規模(Ⅰ)
月に平均 750人超900人以下
大規模(Ⅱ)
月に平均 900人超

 

福岡の通所介護(デイサービス)事業所は↓↓をclick!

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP