介護

認知症予防は引き算から考える  元気人

厚生労働省の推計によりますと、
認知症はその予備群(軽度認知障害:MCI)も含め、
日本の高齢者の約4人に1人にまでなっています。

残念ながら、認知症の根治的な治療法はまだ確立されていません。

しかし、多くの病気と同じように、
認知症も予防や発症遅延できる可能性があることが
さまざまな研究からわかってきました。

認知症の原因疾患で一番多いのはアルツハイマー病で、
次に多いのが脳血管障害となっています。

この2つが認知症の原因の約7割をしめていますので、
認知症予防はこれらの原因疾患の回避からスタートします。

認知症の全容まではまだ解明されていないのですが、
アルツハイマー病と脳血管障害の危険因子について
以下にそれぞれまとめています。

<アルツハイマー病の危険因子>
・加齢
・歯の喪失
・運動不足
・食生活
・高血圧
・糖尿病
・遺伝要素 / 家族歴
・頭部外傷
・低頻度の知的活動
・低頻度の対人接触
など

<脳血管障害の危険因子>
・加齢
・高血圧
・脂質異常症
・肥満
・糖尿病
・食生活
・運動不足
・飲酒
・喫煙
など

加齢や遺伝など一部のものについては、
自分ではコントロールできませんが、
ほかの多くは自分でコントロールできます。

そして、認知症予防では、
これらの危険因子を日常生活の中からどれだけ取り除くのか、
すなわち、悪い習慣をやめていく「引き算」から考えたいところです。

悪い習慣は、中長期的に
・健康が保てない
・時間を浪費する
・生活リズムが崩れる
・幸福度が下がる
などのデメリットをもたらすからです。

認知症予防につながるよい習慣を身につけようとしても、
この状態に陥ってしまうと、意欲も体力も少なくなっていますので、
習慣化どころか実践すらなかなか難しいものです。

机の上が散らかっている場合、
まずは不要なものを捨てて身軽になった後で、
必要なものを整理整頓するのが片付け上手のコツです。

認知症予防でも同じ考え方ができ、
まずは引き算思考で、悪い習慣をやめていきます。

そうしますと、意欲や体力、時間やお金に余裕が生まれますので、
その分を良い習慣の形成にあてることができます。

認知症の危険因子を減らしながらも、抑制因子を増やすという
効率のよい認知症予防が実現しやすくなります。

認知症予防を考えるうえでは、
認知症の発症リスクを高める悪い習慣をやめることから
はじめたいところです。

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

敬老の日ギフト

PAGE TOP