おとなの本棚

血流を整えて、睡眠の力を100%引き出せば、一生薬いらずの体に!105歳まで元気でぽっくり逝く人の「最高の睡眠」法とは? 『最高の睡眠は血流で決まる』(大谷 憲・片平健一郎/著) 

◆最近、ぐっすりと眠れていますか?

「なかなか眠れない」
「何度も目が覚めてしまう」
「日中、眠くなってしまう」

こんな悩みがある人たちは要注意。体が危険信号を出しています。「毎日、ぐっすり眠れているから大丈夫」という人も、油断してはいけません。
なぜなら、病気は睡眠中につくられるからです。

質のよい睡眠は、細胞を再生し、健康な体をつくり、
質の悪い睡眠は、がん細胞を増やし、病気をつくります。

同じ睡眠でも、まるで逆の結果が生まれるのです。病気を避け、一生元気な体を手に入れるには、睡眠の質を変えるしかありません。そのために、欠かせないのが血流です。血流が変われば、どんな人でもぐっすり眠り、健康になることが可能です。本書では、2万人の血管を見てきた「血流カウンセラー」片平健一郎氏が血管と血流について解説。睡眠については「安眠ドクター」大谷憲氏が、科学的に正しい「最高の睡眠」について解説します。

◆冷えているから眠れない

眠りたいのになかなか寝つけないとき、手足が冷たくなっていませんか?
人間は、体が冷えていると、眠れないのです。 まず、覚えていただきたいのが、

①血流を上げるためには、体温を上げる必要がある
②血液が体のすみずみまで熱・栄養・酸素を運ぶ

という、基本となる2つのポイント。
体のすみずみまで血液がめぐることによって、めざすゴールである深い、最高の眠りがとれるようになるのです。
さらに深い眠りをとることで細胞の再生が進み(体が生まれ変わり)、健康な体になります。
当然、血管も修復・再生が進むので、血のめぐりがよくなります。血のめぐりがよいと、眠りも深くなり……と、「健康のサイクル」が生まれるのです。

◆病気は睡眠中につくられる

睡眠中、人の体は1~1.5℃も体温が下がります。
起きているあいだに36℃だったとしても、1~1.5℃も低下すれば睡眠中、体温の低下とともに免疫力も下がり、がん細胞やその他病原菌がもっとも活発に動く時間になるのです。

深い眠りのときに成長ホルモンを放出し次々に細胞を修復・つくりだす一方で、体温が下がることで病気をつくりだす時間にもなりかねません。
ですから、病気にならない体づくりには、まず睡眠を変えることが重要なのです。睡眠の質を上げれば、シニア層に心配なあらゆる病気や症状(風邪、アレルギー疾患、がん、認知症、肥満、老化、うつ病)を予防・改善することができます。

◆就寝2時間前に体温を上げておく
そもそも病気にならない体を手に入れたいもの。
睡眠時は手足から放熱することで深部体温を下げ、脳や臓器、筋肉を休めています。人の体は体温を一定に保つはたらきがあるので、体温が上がると、その分、放熱も進みます。
そのしくみを利用して、眠りに入る前は一度ぐっと体温を上げて放熱し、深部体温を下げていきます。

なので、入眠前は、じんわりと体温を上げるようにしましょう。
湯船に浸かると体がじっくりあたたまっていくので、入浴がおすすめです。湯船にゆっくり浸かって深呼吸してください。お湯に入ると、脳や筋肉、骨が体重を支える緊張から一気に解放され、血流がうながされ、副交感神経が優位になり、体があたたまって、睡眠への準備が整います。
またリラックスするには、お湯の温度も肝心です。目安は38~40℃前後で15~20分、ゆっくり浸かって体を内部まであたためましょう。あたためたいからと言って、眠りの準備前に熱めのお湯は不向きです。
本書では、この他にも一生、薬いらずの体になるための方法を解説しています。

【目次】
プロローグ 深く眠れない原因は、血流にある
第1章 睡眠の質を上げたければ、毛細血管を鍛えなさい
第2章 質のよい睡眠で、万病を防ぐ
第3章 睡眠が変われば、人生が変わる
第4章 パーフェクト睡眠を実現するための熟眠テクニック

【著者プロフィール】
大谷 憲
安眠ドクター。薬を売らない薬剤師。日本睡眠医学協会理事長。株式会社PMC代表取締役。1965年、富山県生まれ。東北薬科大学薬学部卒業後、薬剤師免許取得。某大手製薬会社に5年間在籍。27歳で代替医療関連商品卸と販売、アロマセラピスト派遣業務の株式会社Z‐クレストを設立。2002年、「あたため睡眠」を実現する医療機器製造販売会社・株式会社PMCを設立。現在は、代替医療、予防医学をコンセプトに、睡眠の大切さを広める啓蒙活動として全国で講演、商品の普及活動に従事している。

片平 健一郎
血流カウンセラー。日本睡眠医学協会理事。骨盤セラピスト協会理事。日本催眠応用医学会理事。株式会社PMC東京オフィス代表。株式会社ホリスティックウェルネス代表取締役。1975年、宮城県生まれ。東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科卒業。10年間の5000人を超える血流カウンセリングにより、毛細血管の血流循環こそが健康・未病・病気を分けるヒントとなることを知る。さらに、健康長寿のための効果的な方法が「眠り方」にあることを発見。以来、誰にでもできる健康法として、精力的に「パーフェクト睡眠」を広げる活動をしている。

【書誌情報&ご購入は↓↓】

最高の睡眠は血流で決まる

 

書名:最高の睡眠は血流で決まる
定価:1,404円(税込)
判型:46判
体裁:並製
頁数:216頁
ISBN:978-4-7612-7354-5
発行日:2018年7月2日

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

敬老の日ギフト

PAGE TOP