おとなの本棚

発売後たちまち重版決定!阿川佐和子さんの最新小説『ことことこーこ』好評発売中! 女優、エッセイストとマルチに活躍中の阿川さんが挑んたのは「明るい介護小説」。仕事と介護に翻弄されるアラフォー長女・香子の笑って泣ける奮闘記にぜひご注目ください!

株式会社KADOKAWAは先月末に発売した阿川佐和子著『ことことこーこ』が好評のため重版を決定しました。

お買い求めは↓↓をclick!!
ことことこーこ

辛くて暗い介護の中に少しでも笑えることや希望を見出したい、という阿川さんの想いから執筆されたのが本作です。ご自身のお母様の介護中にあった実体験をふんだんに盛り込んで、母と娘の変わりゆく関係をユーモアと人情で描き出しています。
さらに、本作の主人公はフードコーディネーター。美味しそうな料理シーンがたくさん出てきます。ぜひ、本作を読んで、くすっと笑いながらお腹を空かせて、最後にはほろりとする感動を味わってください。

◆あらすじ

結婚十年で離婚し、老父母の暮らす実家に戻った香子。フードコーディネーターとしての新たな人生を歩み出した矢先、母・琴子に認知症の症状が現れはじめる。弟夫婦は頼りにならず、仕事と介護を両立させようと覚悟を決めるが……。

◆著者紹介 阿川佐和子(あがわ さわこ)

1953年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は170万部を突破する大ベストセラーに。14年に菊池寛賞、18年に橋田賞受賞。


◆書誌情報
発売:2018年9月28日(金)※電子書籍同日配信
定価:本体1,500円+税
装丁:大久保伸子
装画:木野聡子
頁数:392頁
体裁:四六判並製
発行:株式会社KADOKAWA
お買い求めは☞をclick!! ことことこーこ

初出:学芸通信社の配信により、徳島新聞、山陽新聞、四国新聞、山陰中央新報、苫小牧民報、紀勢新聞、岐阜新聞、新潟日報、三陸新報、岩手日日新聞、東海愛知新聞に2016年9月~2018年3月の期間、順次掲載

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP