カルチャー

家庭菜園ブームで売行き好調! ”コップひとつ”で始められる野菜づくりの本が重版出来。

株式会社内外出版社(東京・上野/代表取締役社長:清田名人)は、2020年6月19日、書籍『コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科』の3刷重版を決定いたしました。

コロナ禍の中で注目され続けている「家庭菜園」
6月13日には、日本農業新聞の記事(https://www.agrinews.co.jp/p51061.html)にも取り上げられ、話題となっている書籍『コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科』。

6月19日から都道府県をまたぐ移動の自粛が緩和され、少しずつ経済を回す動きが始まる中でも、まだ不安と隣り合わせのところは大きい。そんな中、外出自粛を機に「おうちで、自分で野菜を作る」自給自足生活を始める人たちが増えており、その一助となっているのが『コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科』だ。

●全ページがオールカラー・イラスト満載で読みやすい!
●27個のステップで、はじめての野菜づくりにも優しい!
●超おすすめ野菜・全30種の育て方がわかりやすい!
【葉菜類】
キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、チンゲンサイ、コマツナ、シュンギク、パセリ、リーフレタス、ニラ、ネギ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、クウシンサイ、バジル、ミント、ラッキョウ、ニンニク、タマネギ
【果菜類】
ミニトマト、ミニキュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、ズッキーニ、スナップエンドウ
【根菜類】
ジャガイモ、サツマイモ、ダイコン、コカブ、ニンジン

新しい生活様式で過ごす中で、日々の暮らしを充実させるキッカケに、
家庭菜園・自給自足の生活を始めてみてはいかがでしょうか。


【書名】コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科
【発売日】2019年5月2日(木)
【ページ数】176ページ
【サイズ】A5版
【本体価格】1,600円
【文・イラスト】はたあきひろ
1967年生まれ。奈良市で家族5人分のお米と野菜を作り、自給自足生活を実践している。大手住宅メーカーの研究所や本社に23年間勤めた後、独立。現在は人と人、人と自然のつながりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する『庭暮らし研究所』の代表。NHK総合テレビ『ぐるっと関西おひるまえ』では、野菜づくり講師として出演。NHK出版ウエブ『みんなの趣味の園芸』でブログ発信。著書に『現役サラリーマンの自給自足大作戦』(家の光協会)がある。

【本の購入はこちらから】 ↓↓
コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科 amazon

コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科 [ はたあきひろ ]
楽天

お金に関する記事は↑↑click!
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は aikon2-1.jpg です

親の事が心配になったらまず読むページはこちらから↑↑画像をclick!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyounonoutore.jpg です

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP