おすすめお出かけナビ(イベント)

2025年には介護職員が30万人不足。 介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く映画『ケアニン~あなたでよかった~』が6/17公開

介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描く映画『ケアニン~あなたでよかった~』がこの夏公開になります。

この作品は、2025年には30万人も不足するといわれている介護職員(厚労省調べ)の実態を描くために、30ケ所もの介護福祉施設や専門学校、関連団体を綿密に取材し、シナリオを一つずつ積み上げて完成した作品です。

 

介護、看護、医療、リハビリなど、人の「ケア」に関わり、
自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている全ての人。
「人のために仕事がしたい」「じいちゃん ばあちゃんが好きだから」
そんな理由で介護の仕事を志す若者を、
私たちは「介護ってすてきだぞ」って迎えることができているだろうか?
大森圭が誇りをもって働ける現場をつくろう!
株式会社あおいけあ 代表取締役 加藤忠相

ストーリー

大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。
高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、
漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。
卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。
認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、
悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、
認知症を発症した星川敬子79歳。
試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、
少しずつ敬子との関係性を深めていく。
「なんとなく」で始めた介護の仕事に、
いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。

 

いろいろと考えるところが多い映画のようです。

 

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

敬老の日ギフト

PAGE TOP