おとなの本棚

正月の定番、おせち料理。江戸時代に広く庶民に広がりました。最近は、百貨店や通販で有名店のおせちを購入できますが、今年は、土井善晴さんの指導で手づくりおせちに挑戦してみませんか。また、おせちづくりは難しいかもと考える人は、土井さんが提案する、お餅を入れた雑煮鍋「祝い鍋」で正月を迎えませんか。

土井さんが最上の一汁一菜と考える雑煮をはじめ、黒豆、栗きんとん、田作り、たたきごぼう、昆布巻きのおせち料理と、餅を入れた祝い鍋などを正月料理として紹介します。ところで、おせち料理ひとつひとつに意味があることをご存知ですか。

  • 雑煮:祝い事や行事、特別の日などの神聖な食べ物だった餅。 新年を祝うために年神様に供えるためについた餅を季節の産物とともにも煮込んだもの。さまざまな具材を「煮雑(にまぜ)」したことが語源ともいわれます。
  • 黒豆:日に焼けて真っ黒になるまでまめ(まじめ)に働き、過ごせるようにという願いが込められています。
  • 栗きんとん:「金団」と書き、その黄金色から財産、富を呼ぶ縁起物とされています。
  • 田作り:干したかた口いわしを肥料として使った田畑が豊作になったことから、五穀豊穣の願いが込められています。
  • 昆布巻き:昆布は語呂が「よろこぶ」に通じ、「養老昆布」という文字をあてたと言われおり、不老長寿の意味を持ちます。また「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込めることもあります。
  • たたきごぼう:地中に長くまっすぐ根を張ることから縁起のいい食材とされるごぼう。家の土台がしっかりするようにとの願いからおせちの食材に使われます。たたきごぼうは、やわらかく煮たごぼうをたたき、身を開いて、開運の縁起をかついだものです。

「黒豆」は、土井さんのお父さんの故・土井勝さんが考案したしわの寄らないつくり方を紹介します。このつくり方により、日本中の正月用黒豆のしわがなくなったと話す一品です。さらに、おせち料理は難しそうで挑戦するのはちょっとという人には、餅を入れ、雑煮とした鍋「祝い鍋」、土井家のおせちに欠かせない「鶏の照り焼き」、「ぶりの漬け焼き」のつくり方を紹介します。

大掃除を終え、清々しい気持ちで迎える新年。家族、友人と手づくり正月料理でお正月を過ごしませんか。

■商品情報

価格:定価:545円(本体505円)
判型:AB判
雑誌コード:06461-12
URL:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000006461122017.html

このプレ

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP