おとなの旅行をナビ

<2019年夏休み(7/13~9/30出発)国内旅行予約動向>令和最初のお盆休みは最大9連休 国内旅行の人気渡航先は王道の沖縄!涼を求めた北海道も人気

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 以下H.I.S.)は、夏休み(2019年7月13日~9月30日)の予約状況から、国内旅行の予約動向について下記のとおりまとめました。

■H.I.S. 夏休み 国内旅行予約旅行先ランキング

 国内旅行総合予約ランキングにおける人気旅行先は、国内旅行予約動向調査を開始した2014年から6年連続で沖縄が不動の1位となりました。夏のレジャーシーズンの沖縄は、特にファミリー層からの支持が高く、ジェットスター・ジャパン航空が3月30日より成田空港から、7月3日には関西空港から「みやこ下地島空港」へ新規就航したこともあり、沖縄で人気の離島への新たな需要喚起に繋がっております。

 2位の北海道においては、朝のドラマの舞台になっていることもあり、十勝・帯広といった道東への人気が高まっております。毎年8月13日に開催される北海道最大級の「勝毎花火大会」は、十勝川の河川敷を舞台に繰り広げられる花火と音楽のショーとして注目です。人気の高まりを受け弊社では、成田・茨城・名古屋小牧・関西国際空港から、とかち帯広空港へのフジドリームエアラインズチャーター直行便を実施しております。

 3位の九州は、長崎・ハウステンボス行きのツアーが牽引しています。注目のイベントとしては、7月13日から9月23日まで開催するジブリの魅力が詰まった「鈴木敏夫とジブリ展」、9月21日の西日本最大級「九州一花火大会」が、あげられます。九州一花火大会は、打上総数22,000発で、世界トップレベルの15組の有名花火師たちが匠の技を競う品評会であり、予選が行われる7月・8月より多くのお客様よりご予約をいただいております。

 なお、今年より「沖縄・北海道・九州であそぼ」シリーズのパッケージツアーにおいて、各渡航エリア先において、現地でしか味わえないグルメや、体験・イベント、乗り物など全100種類以上のメニューの予約に使える「H.I.S.とびっきりクーポン」をツアー参加者に特典として配布しています。現地での過ごし方をより計画いただくことで、食や観光体験を通じて、忘れられない夏の思い出になればと考えております。

 鉄道を利用した人気予約ランキングにおいては、昨年5位から大幅に順位をあげて大阪が1位となりました。テーマパークの人気と共に、昨年の大阪府北部地震からの回復や訪日外国人旅行者向け宿泊施設の多様化により、宿泊施設の宿泊単価が下がったこともあり、大阪・京都といった関西地区への旅行人気を押し上げる要因になったと考えられます。そして、2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控える東京地区が3位にランクインしました。約400種3,000点の動物を見ることができる「上野動物園」で2017年6月12日に誕生したジャイアントパンダのメス「シャンシャン」は、中国への返還期限が2020年12月31日まで延長されたこともあり、パンダフィーバーの現場としても注目のスポットです。

 2018年における日本人のクルーズ人口は32.1万人となり2年連続で30万人を超え、過去最多を更新したものの、外航クルーズが牽引しており、国内クルーズの需要はまだこれからという状況です。(出典:国土交通省海事局)クルーズ人口の高まる環境化と共に、国内クルーズだからこその観光ルートを開拓すべく、弊社初となる国内単独夏休みチャータークルーズ企画「ぱしふぃっくびいなすで航く世界自然遺産小笠原と熱海海上花火クルーズ」を発表・募集開始しております。
 すでに全体の8割を超えるお客様よりご予約をいただいおり、出発日である8月23日には、熱海海上花火大会を船上で楽しんでいただけるコースとなっております。日本船ならではの和食を含むこだわりの食事をお楽しみいただきながら過ごすことができ、小さなお子様からシニア層まで幅広い層のお客様にもおすすめ出来ることから、国内クルーズ需要開拓に繋がればと考えております。

■夏休み 人気アクティビティランキング (※アクティビティジャパン調べ)

 総合人気ランキングでも1位を占めた沖縄ですが、アクティビティランキングにおいても、沖縄がほぼ独占する状況となっております。ご参加者のお客様層においては、3~5名前後のファミリー層のご予約が多く見られ、定番のシュノーケリング、体験ダイビングSUP(スタンドアップパドルボード)など、家族旅行を中心にホテルが集まる恩納村周辺で実施され、幼児も一緒に参加できるプランが人気上位となりました。また、群馬県・水上(利根川)は、世界レベルの激流を体験できるラフティングポイントとして、関東圏から日帰りができるエリアとしての人気も高まっています。
 予約者においては、8月10日~16日のお盆の時期に集中しており、夏のシーズン期間全体20%を占め、8月12日がピークとなっております。5位のラフティングにおいては、10名以上の団体のご予約がみられました。
 いずれのアクティビティにおいても夏にこそ楽しめるマリンスポーツ関連の人気が集中しており、今年も猛暑を予測し“涼”を求める傾向が高いのではないかと考えられます。

■H.I.S. 夏休み 国内バスツアー予約商品ランキング(首都圏・関西 発着)

 首都圏、関西発ともに宿泊バスツアーにおいては、宿泊ツアーならではの夜の過ごし方といった、夏に風物詩の「花火」、「星空観賞」のツアーの人気がみられました。8月2・3日に開催される「長岡まつり大花火大会」は、2日間で100万以上訪れる人気三大花火であり、花火が頭上で花開く臨場感を味わえるツアーをご用意しております。
  上位を占めた 長野県では、雲海スポットの「SORAテラス」で天候の条件が揃えば絨毯のような雲海が望めることが出来、その他、名水百選にも選ばれた透明感あふれる湧き水の川でクリアボート体験など、清涼感溢れる環境で絶景を楽しまれる行き先に人気が集まる傾向がみられました。また、バスツアーの主流の楽しみ方の一つであるフルーツでは、夏に食べ頃を迎える、ぶどう・とうもろこし・プラム・桃といった夏の味覚を狩りつくしのプランに人気が集まる傾向がみられました。
 また、バスツアーの主流の楽しみ方の一つであるフルーツでは、夏に食べ頃を迎える、ぶどう・とうもろこし・プラム・桃といった夏の味覚を狩りつくしのプランに人気が集まる傾向がみられました。

 バスツアー・鉄道ツアー・航空券ツアー・ダイナミックパッケージ・添乗員同行ツアー、専門デスクによるエコツアー、ユニバーサルツアーといった豊富なラインナップを通じて、日本各地の四季折々の自然・食・文化に触れ、旅行を通じて「笑顔」が生まれるような、旅行体験価値の高い旅行商品を造成し、一人でも多くのお客様に、夏の体験と思い出の一コマをご提供出来ればと考えております。

<2019年夏休み 国内旅行予約動向>
調査対象出発日:2019年7月13日~9月30日
調査対象予約時期:2019年6月18日時点
国内旅行調査対象:H.I.S.国内ツアー・航空券・バスツアー、㈱アクティビティジャパン
夏休み特集・商品WEBサイト(参考)
H.I.S.国内旅行(ツアー・首都圏版)サイトURL:https://www.his-j.com/kokunai/kanto/special/summer/?intcid=dtr_pps01_1
H.I.S.国内旅行(バスツアー・首都圏版)サイトURL:https://bus-tour.his-j.com/tyo/?intcid=header_bus
アクティビティジャパン サイトURL: https://activityjapan.com/feature/2017_summer_vacation/

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP