おすすめお出かけナビ(イベント)

宮地嶽神社 厄除招福節分祭(福豆まき神事) 1月27日~2月3日

厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことであるともいわれます。その役を行うにあたって神様に失礼のないように、飲食や行為を慎み、心身を清浄にするためにご祈祷を受けたのが始まりであると考えられています。

そのため、厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことであるともいわれます。

その役を行うにあたって神様に失礼のないように、飲食や行為を慎み、心身を清浄にするためにお祓いを受けたのが始まりであると考えられています。

また、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年でもあり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。

厄年は、数え年で男性は25歳、42歳、61歳で、女性は19歳、33歳、37歳とされ、中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄」といい、その前後の年齢も「前厄」「後厄」として、特に忌むべき年齢といわれています。 厄祓いの方法としては、神社にお参りし、ご祈祷するのが一般的です。

 

本年度(平成29年度)の厄除け表

年齢(数え年) 前 厄 本 厄 後 厄
男性の厄年 24歳
(平成6年生まれ)
25歳
(平成5年生まれ)
26歳
(平成4年生まれ)
41歳
(昭和52年生まれ)
42歳
(昭和51年生まれ)
43歳
(昭和50年生まれ)
60歳
(昭和33年生まれ)
61歳
(昭和32年生まれ)
62歳
(昭和31年生まれ)
女性の厄年 18歳
(平成12年生まれ)
19歳
(平成11年生まれ)
20歳
(平成10年生まれ)
32歳
(昭和61年生まれ)
33歳
(昭和60年生まれ)
34歳
(昭和59年生まれ)
36歳
(昭和57年生まれ)
37歳
(昭和56年生まれ)
38歳
(昭和55年生まれ)

 

また、節分といえば「豆まき」ですが、これは厄除けの神事そのもので、宮中神事の「鬼やらい」が民間に伝わったものです。

「鬼」は「陰(オン)」から、「豆(マメ)」は「魔滅(マメ)」(魔を滅する)から由来しており、「豆まき」は邪気を祓うための神事なのです。

開催日時

2018年1月27日~28日、2月2日~3日 

全日/12:00~、14:00~、16:00~

開催場所 福岡県福津市 宮地嶽神社
主催 宮地嶽神社
お問い合わせ 宮地嶽神社 0940-52-0016
関連ホームページ http://www.miyajidake.or.jp/
アクセス 鹿児島本線「福間駅」から徒歩25分もしくは西鉄バス約5分「宮地嶽神社前」下車

※掲載情報は内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP