健康ニュース

高齢者の脱水症状に注意、早め早めの水分補給が大事!|元気人

人の体のほとんどは水でできていますが、
水の構成比は年齢とともに変化していきます。

子どもの頃は約70%を水が占めるも、
成人では約60?65%、高齢者で50?55%
ほどになるといいます。

お父さんのように、人生の酸いも甘いも経験し、
若い頃のギラギラ感も落ち着いて、渋みが増してきた人を
「枯れた人」と称することがあります。

実際のところ、枯れた人といわれる中年期や高齢期は、
若い頃と比べて、文字通り水の保有量は減っているのです。

これは年齢とともに筋肉が減って、
脂肪が増えていくことと関係があります。

筋肉の細胞は水分を貯めておけるのですが、
逆に脂肪の細胞は水分を貯めにくい性質があります。

特に高齢者は、加齢とともに
筋肉が減り、脂肪が増える傾向がありますので、
体の中に水を貯め込む力が弱くなっています。

さらに高齢者は感覚機能の衰えにより、
のどの渇きも感じにくくなっています。

そのため、暑くなり汗をかきやすい季節は、
高齢者の脱水症状に注意が必要となります。

脱水症状になると、汗をかいて
体温を調整することができなくなります。

すると、体に熱がこもって、
だるくなったり、ぼーっとしてしまったりなど、
一見すると、認知症の症状と見まがう様子を呈します。

また、慢性的な脱水症状は、血液がドロドロになることで、
脳梗塞や心筋梗塞の引き金になることもあります。

夏場や季節の変わり目などは、脱水リスクが高まる時期です。

トイレが近くなるのを嫌がって、水分補給を控えるのではなく、
適切に水分を補給することが大切になります。

人が一日に摂取すべき水の量は、
食事から1日800ml、飲み物から1000~1500ml
といわれています。

なお、脱水の状態に陥っているときは、
その人の手の甲の皮膚をつまむと、
つまんだ形がそのまま残るようになります。
(ハンカチーフサインといいます)

こうしたサインを見逃すことなく、早め早めの水分補給で
夏場の脱水症状を回避したいところです。

関連記事

  1. スマイル糖尿病アイキャッチ 国民病(糖尿病)、あなたは大丈夫?|スマイル総合研究所
  2. 赤坂のオステリア・カリオンで、 スーパーフードをふんだんに使った…
  3. 眠りについて考えてみる! すっきり目覚めるために何が必要なんでし…
  4. 髪と頭皮のエイジングケアを目的としたヘアケア商品・CA101(シ…
  5. スマイル総合研究所ー痛風予備軍 痛風予備軍!|スマイル総合研究所
  6. 管理栄養士さんのみーる+ 活用術④   コアソリューションズ江山…
  7. 禁煙-元気人 今日からできる認知症予防:禁煙|元気人
  8. 中年期の高血圧にご用心    元気人

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP