健康情報

眠りについて考えてみる! すっきり目覚めるために何が必要なんでしょう?

高齢者の睡眠というと、寝つきにくく、夜中に何度も目が覚め、朝早く起きてしまうという特徴があります。つまり睡眠障害の四つの分類のうちの入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の三つが同時に現れることが多くなるわけですね。

別にこれは異常な不眠症ではなく、歳をとれば誰にでも現れてくる加齢現象。
子供のころは骨や筋肉を成長させるために、揺り動かしても起きないほどの眠りとなります。
成長ホルモンには免疫力を増強させる役割があるのですが、その必要もなくなるのです。

 

高齢者の睡眠の特徴は、加齢現象であり、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

しかし睡眠対策によって、眠りの質を今よりも高めることは可能です。

 

深い眠りを増やす睡眠対策

運動をして筋肉をつけることは、メタボリックシンドロームの改善にもなります。

血中脂質、血糖値、血圧を下げて、血液をさらさらにする効果がありますので、健康増進のために、運動を生活のなかに取り入れることをオススメします。

睡眠を持続させるための対策

高齢者の睡眠は途中で途切れがちですが、これは睡眠ホルモン(メラトニン)の分泌量が年齢とともに少なくなるため。メラトニンの体内産生量を増やすには、以下の睡眠対策が有効です。

  • 昼間に太陽の光に当たる
  • トリプトファンを摂取する
  • メラトニンを摂取する
  • 夜は照明を落とす

以上のような睡眠対策によって、早く寝つけて夜中も目覚めず、十分な長さの睡眠時間を取れるようなります。

そうなれば昼間でも眠気がなく、毎日を活動的に過ごせるようになるのです。

 

それでも気になる方には↓↓

スッキリとした目覚めや、1日をイキイキとリラックスして過ごす為に! 「リフレのぐっすりずむ」がサポートします!

すこやかな睡眠、一過性作業のストレス緩和に。L-テアニン配合。 毎日摂取しやすい1カプセルにギュッと詰めました。

リフレは「睡眠の質」を改善するためにL-テアニンに着目!

「睡眠の質の改善」と「ストレスの緩和」という二つの機能を組み合わせた機能性食品を開発、 消費者庁に届出を行い、受理されました。

 

□年齢のせい?夜中に目が覚めてしまう。 □日頃のストレスや悩み事が気になって…。 □寝る直前までスマホでゲームや動画をみてしまう。 □ついつい二度寝をしてしまう。

こんなお悩みはありませんか?

お父様。お母さまへのプレゼントにも!!

 

気になる方は↓↓をclick!



新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

PAGE TOP