健康情報

眠りについて考えてみる! すっきり目覚めるために何が必要なんでしょう?

高齢者の睡眠というと、寝つきにくく、夜中に何度も目が覚め、朝早く起きてしまうという特徴があります。つまり睡眠障害の四つの分類のうちの入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の三つが同時に現れることが多くなるわけですね。

別にこれは異常な不眠症ではなく、歳をとれば誰にでも現れてくる加齢現象。
子供のころは骨や筋肉を成長させるために、揺り動かしても起きないほどの眠りとなります。
成長ホルモンには免疫力を増強させる役割があるのですが、その必要もなくなるのです。

 

高齢者の睡眠の特徴は、加齢現象であり、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

しかし睡眠対策によって、眠りの質を今よりも高めることは可能です。

 

深い眠りを増やす睡眠対策

運動をして筋肉をつけることは、メタボリックシンドロームの改善にもなります。

血中脂質、血糖値、血圧を下げて、血液をさらさらにする効果がありますので、健康増進のために、運動を生活のなかに取り入れることをオススメします。

睡眠を持続させるための対策

高齢者の睡眠は途中で途切れがちですが、これは睡眠ホルモン(メラトニン)の分泌量が年齢とともに少なくなるため。メラトニンの体内産生量を増やすには、以下の睡眠対策が有効です。

  • 昼間に太陽の光に当たる
  • トリプトファンを摂取する
  • メラトニンを摂取する
  • 夜は照明を落とす

以上のような睡眠対策によって、早く寝つけて夜中も目覚めず、十分な長さの睡眠時間を取れるようなります。

そうなれば昼間でも眠気がなく、毎日を活動的に過ごせるようになるのです。

 

それでも気になる方には↓↓

スッキリとした目覚めや、1日をイキイキとリラックスして過ごす為に! 「リフレのぐっすりずむ」がサポートします!

すこやかな睡眠、一過性作業のストレス緩和に。L-テアニン配合。 毎日摂取しやすい1カプセルにギュッと詰めました。

リフレは「睡眠の質」を改善するためにL-テアニンに着目!

「睡眠の質の改善」と「ストレスの緩和」という二つの機能を組み合わせた機能性食品を開発、 消費者庁に届出を行い、受理されました。

 

□年齢のせい?夜中に目が覚めてしまう。 □日頃のストレスや悩み事が気になって…。 □寝る直前までスマホでゲームや動画をみてしまう。 □ついつい二度寝をしてしまう。

こんなお悩みはありませんか?

お父様。お母さまへのプレゼントにも!!

 

気になる方は↓↓をclick!



関連記事

  1. 管理栄養士さんのみーる+ 活用術④   コアソリューションズ江山…
  2. シニア女性向け「トップバリュ 歩行サポートパンツ」をイオンが発売…
  3. み~る+に関する新しいソフトのご紹介  コアソリューションズ江山…
  4. 治りうる認知症その1:正常圧水頭症|元気人
  5. 立った姿勢で行う体幹トレーニングを実演・解説します。 筋トレTV…
  6. ~11月8日は“いい歯の日”~!リカルデントを噛めばむし歯のはじ…
  7. 骨イメージ あなたは自分の骨について知っていますか?|スマイル総合研究所
  8. 冬に気をつける高齢者の健康!  感染症(インフルエンザ・ノロウイ…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP