健康ニュース

中年期の高血圧にご用心    元気人

糖尿病とともに認知症と関係が深いのが「高血圧」です。

脳血管性認知症は、
主に脳梗塞などの脳血管障害により引き起こされます。

そして、脳血管障害は動脈硬化に起因していますが、
高血圧は、動脈硬化の最大のリスク因子となっています。

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞、腎不全など
生命に関わる病気の発症リスクに加えて、
認知症の発症リスクも抱えていることになります。

さらに中年期をとうに迎えたお父さんには
ちょっと心配な事実が判明しています。

九州大学が福岡県久山町で行った疫学調査から、
高血圧と脳血管性認知症の発症リスクとの関係が
あきらかになりました。

中年期血圧:正常→老年期血圧:正常な人と比べたところ

中年期血圧:正常→老年期血圧:高血圧の場合で3.3倍
中年期血圧:高血圧→老年期血圧:正常の場合で5.3倍

となったのです。

中年期に高血圧であった人が、
老年期に血圧のコントロールができたとしても、
脳血管性認知症の発症リスクは俄然高くなるのです。

老年期のみならず、中年期からの厳格な高血圧管理が
将来の認知症予防に極めて重要といえます。

これは認知症予防だけに限りませんが、
中年期の高血圧は、自覚症状がないからといって

放置することなく、早めに治療するべきです。高血圧の予防には生活習慣の改善が欠かせませんが、
現時点では以下の5つが効果的といわれています。1)減塩(1日6g以内)
2)肥満解消(BMI22未満)
3)節酒(日本酒換算で1日1合以内)
4)適度の運動(1日1万歩以上)
5)野菜・果物の摂取(野菜は1日5皿、果物は1日2個)( )内は目安

お父さんにおかれましては、

「高血圧は認知症の鍵を甘くするわ〜、ご用心
塩分が血圧の裾をくすぐるのよ〜、ご用心」

と覚えておかれるといいかも知れません。
(『夏にご用心』を知らない方がおられましたら、すいません)

————————–
【文献】
生活習慣病と認知症:久山町研究(2012)
九州大学大学院医学研究院精神病態医学 小原知之
老年期認知症研究会誌第19巻第3号:平成24年8月6日掲載

関連記事

  1. シニアが温泉に浸かることで得られる効果効能はどのようなものがある…
  2. 禁煙-元気人 今日からできる認知症予防:禁煙|元気人
  3. 元気人和食イメージ 今日からできる認知症予防:(食事スタイル編:和食)
  4. ケールの健康効果を検証 ダニ・ハウスダストによる目と鼻の状態に対…
  5. 肥満にはお金がかかるというお話  元気人
  6. 今日からできる認知症予防:ストレス編|元気人
  7. 肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達「知って、肝炎プロジェクト…
  8. 赤坂のオステリア・カリオンで、 スーパーフードをふんだんに使った…

新着記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP