健康情報

【研究発表】ビルベリーの眼精疲労に対する働き方のしくみの一部が明らかになりました。 〜わかさ生活と近畿大学との産学共同研究を論文発表〜

わかさ生活では、健康のお悩みを持つ方々に役立てていただくため、健康素材や成分の機能研究に力を入れています。特にブルーベリーサプリメントの主成分である、北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の機能性について、長年研究を続けてまいりました。
そしてこの度、わかさ生活と近畿大学(所在地:奈良県奈良市) 財満 信宏准教授との共同研究により、ビルベリーに含まれるアントシアニンが眼精疲労に対してどのように働きかけているのか、そのしくみの一部を解明しました。またその成果が、2018年1月3日(水)発行の分析専門誌である「Rapid Communications in Mass Spectrometry」に掲載されました。

【「Visualization of the distribution of anthocyanin species in mice eyeball by MALDI-mass spectrometry imaging(邦題:マウス眼球におけるMALDI質量分析イメージングを使ったアントシアニン分子種の可視化)」の研究詳細】

〈研究内容〉
ビルベリーの機能の1つとして眼精疲労の予防が挙げられますが、作用機序に関する研究結果の報告は未だ多くありません。今後、ビルベリーの機能性を理解する上で、その作用機序を明らかにする必要があります。本研究では、質量分析イメージング法(MALDI-MSI:Matrix Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry Imaging)を用いることで、ビルベリーに含まれるアントシアニンの体内での動きを可視化することにより、生体サンプルのどこに目的の物質が存在するかの確認を行いました。

<結論>
ビルベリーエキスに含まれるアントシアニンが、エキス摂取後に眼球の網膜外層に付随する外眼筋に存在する可能性が示されました。このことは、アントシアニンが外眼筋に移行することで眼精疲労に対し、生理活性を示している可能性が示唆されました。今後は、もっと詳細な作用機序の解明が期待されます。

外眼筋とは眼球を支え、眼を動かす際に使う筋肉です。今回の研究結果ではアントシアニンが外眼筋に移行することが示唆されました。外眼筋とは眼球を支え、眼を動かす際に使う筋肉です。今回の研究結果ではアントシアニンが外眼筋に移行することが示唆されました。

 

今後もわかさ生活では、皆様の健康的な生活を送るために役立つ研究を続けて参ります。

〈用語解説〉
・作用機序・・・薬物等が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み、メカニズム。
・質量分析・・・分子をイオン化し、分離、そして質量を検出することで物質の重さを測定する分析方法。現在は物質を同定するときに多く用いられる技法。
・質量分析イメージング法(MALDI-MSI)・・・近年になって確立された新しい可視化する方法。質量分析を行うことで「目的サンプルのどこに物質が存在するのか」を視覚的に解析する技法。

【関連サイト】
・わかさ生活 みらい研究所
http://kenkyu.wakasa.jp/

・わかさの秘密 ビルベリー
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/bilberry/

・わかさ生活 コーポレートサイト
http://company.wakasa.jp/

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

敬老の日ギフト

PAGE TOP