お問い合せ

カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)

昨年に引き続き、新たな可能性を発表したインディアナ大学

認知症は、アミロイドβやタウタンパク質の異常な蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が主な原因と言われています。

インディアナ大学ブルーミントン校のHui-Chen Lu氏の研究チームは、2016年にNMNAT2と呼ばれる酵素を発見。この酵素は脳内でタウタンパク質を監視する機能と、ストレスからニューロンを守る機能を有し、認知症予防に効果が期待されています。

2017年3月、24種類の化合物にそのNMNAT2を増やす働きがあり、コーヒーなどに含まれるカフェインもその一つであることが確認されました。

 

身近なカフェインが認知症治療の鍵に?

今回の研究は、NMNAT2の生産に寄与する物質を特定するため、1280種の化合物をスクリーニングするというもの。結果として、カフェインを含む24種の物質が特定されています。

研究は、遺伝子操作されたマウスを利用。以前の調査でもアルツハイマー状態のマウスにカフェインを投与したところ、認知機能の改善が見られたという結果が出ており、認知症の予防や改善への発展が期待されているのです。

Lu氏は、認知症治療における可能性を探るために、今回特定された化合物の、体内での役割を理解することが重要と述べています。

 

▼外部リンク
■インディアナ大学NEWS ROOM(英文)
■Screening with an NMNAT2-MSD platform identifies small molecules that modulate NMNAT2 levels in cortical neurons(研究論文)
■【ScienceDaily】Caffeine boosts enzyme that could protect against dementia

 

認知症ねっと

新着記事一覧

  1. 新サブスクサービス「ふぞろいお魚レスキューくらぶ」
  2. 【10月16日(土) 新オープン】”飲むチーズケーキ”専門店が福岡初上陸 – star cheese(スターチーズ)
  3. 高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌『レクリエ 11・12月』
  4. 漁師一家がつくる絶品「漁師めし」 博多駅のホームで天然真鯛の贅沢ごはんを堪能!
  5. 【一風堂創業36周年記念企画】「高校生以下」のお客様には10月15、16、17日の3日間2大看板ラーメンを500円で提供
  6. 10月1日より、プレミアムフロアご滞在者向けサービスを充実/ザ ロイヤルパークホテル 福岡
  7. お父さんへの日頃の感謝を込めて、特別な食卓時間をプレゼント
  8. 特別企画第①弾:キハ66.67形の記念乗車券を発売します!
  9. 三味線奏者 上妻宏光、豪華ゲストを招き‟最高峰の技術と究極のセッション“で魂を刺激する!! ソロデビュー20周年特別公演 開催決定。

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

新サブスクサービス「ふぞろいお魚レスキューくらぶ」
  1. 【10月16日(土) 新オープン】”飲むチーズケーキ”専門店が福岡初上陸 – star cheese(スターチーズ)
  2. 高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌『レクリエ 11・12月』
  3. 漁師一家がつくる絶品「漁師めし」 博多駅のホームで天然真鯛の贅沢ごはんを堪能!
  4. 【一風堂創業36周年記念企画】「高校生以下」のお客様には10月15、16、17日の3日間2大看板ラーメンを500円で提供
  5. 10月1日より、プレミアムフロアご滞在者向けサービスを充実/ザ ロイヤルパークホテル 福岡
PAGE TOP