お金と保険のニュース

終活に関する業務をご紹介!  おとなナビ博多

相続には複雑で面倒な手続きが必要です。

あなたがご自身で相続手続きを行う場合、戸籍の調査から不動産の名義変更までの一般的な手続きの場合でも数か月の期間を要することでしょう。

財産が多い場合や複数の相続人がいる場合はそれ以上の期間を要することになり、さまざまな専門家のサポートが必要となります。

images (16)

●戸籍調査、相続関係図の作成、遺産の調査、財産目録の作成、遺産分割協議書の作成、遺言書作成 など⇒ 行政書士

●不動産の名義変更 ⇒ 司法書士

●相続税の申告 ⇒ 税理士

●遺産について裁判所で調停や裁判を行う場合 ⇒ 弁護士

 

 

 

■成年後見制度

「l成年後見制度」の画像検索結果 

 orange

平成12年4月1日よりスタートした「成年後見制度」
※後見人を選び、認知症を発症した高齢者など判断能力の不十分な人の人権を守り、
最期まで尊厳を持っていられるようにすることを目的とした制度です。
※後見人は、被後見人の財産の管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや
施設への入所に関する契約を結んだりといった権利が与えられます。
※任意後見制度は、公正証書にしないと効力がないので注意が必要なので
専門家への相談が必要不可欠です。
成年後見制度は2つのタイプがあります!

任意後見 ⇒判断力が正常な人もしくは、衰えの程度が軽い人で、自分で後見人を選ぶ力を持っている人が利用する制度です。

 

法定後見 ⇒判断力が失われたり、不十分な状態になった人で、自分で後見人を選ぶことが難しいときに利用する制度です。

 

■遺言書作成 

orange

 

遺言書なんてお金持ちのものと考えていませんか?
遺言書は、法的に効力を持つものであり、残された家族に対する最期の思いやりです。
「遺言書作成を司法書士に依頼するメリット」についてご存じない方も多いですので、ここで説明させていただきたいと思います。

遺言書を司法書士に依頼するメリット~その1~

遺言書を書こうと思っても、「どういった内容を書けばよいのか分からない…」ということも多々有ります。また、いざその遺言書が執行されるという時になって、相続人の間でトラブルが起きてしまうこともあります。あるいは、記入漏れがあってしまい、法的に有効な遺言書とは認められないことも有ります。最近では、遺言書の書き方などもたくさん出てはきますが、その中には法律の専門家ではない方の記事や、一部分だけを抜き取ったような情報、間違った情報などもあり、そのまま鵜呑みにして遺言書を作成するのも考えものです。そのために、司法書士の業務として、遺言書のサポートがあるんです。ご本人と相談をさせていただきながら、財産の整理、相続人の整理、予備的遺言(「先にこの人が亡くなったらこう相続する」といったもの)など、遺言書に書くべき内容などをしっかりとまとめさせていただきます。そうすることで、法的に有効な遺言書として仕上げることはもちろん、後々のトラブルの種をまかないように、しっかりとご本人の意思を遺言書にできるように、アドバイスをするのが、司法書士の役目です。

遺言書を司法書士に依頼するメリット~その2~

司法書士は公正証書遺言の場合の「証人」となることができます。公正証書遺言の場合には、公証人役場にて公証人の立ち会いのもと作成をするのですが、その際に2人の証人も必要になります。(※ちなみに利害関係などもあるため、相続人になる方は証人にはなれず、第三者的な立場の人しか証人になれません)司法書士がその証人の一人として、立ち会うことができます。司法書士に依頼して、証人として立ち会ってもらうと何が良いのかということですが、法律に詳しくない方が公証人から説明を聞きながら遺言書を作成しても、公証人が何を話しているのかが専門的すぎて分からないこともあったりします。なので、その際に司法書士が証人として立ち会っていれば、公証人が話していることを噛み砕いてお伝えできますし、遺言書の作成が終わった後で、ゆっくりとご説明することもできます。そういった意味でも、司法書士に遺言書のサポートを依頼する方が多いんですね。ぜひ、司法書士の先生にご依頼されることをお勧めします。

 

「遺言書作成」の画像検索結果

orange

 

■相続税対策 

orange

 

親の遺産を相続した後で、まず気になるのが相続税のことだと思います。
原則として相続税は、相続が開始したことを知った日の翌日から10カ月以内に、申告して現金で納付しなければなりません。
ですから一度に多額の現金が必要になる可能性があり、相続税を納めるために、先祖から受け継いできた土地や建物を、しかたなく手放したということは、よく耳にすることです。
そこで、相続税をできるだけ少なくする節税対策は、いろいろな方法が行なわれています。相続税法上では、いくつかの控除が設けられていますので、これと相続する遺産の種類を組み合わせることによって、かなりの節税が可能となっています。
ただし、その前の重要なポイントとして、この2点があります。

全ての遺産の明細と総額の把握→財産目録の作成
相続人全員の遺産分割の合意

特に、遺産分割の合意がない場合は、税務署への申告自体を行なうことができず、相続税対策どころではありません。まずは、遺産がどれくらいあって、どんな割合で配分するのかを、相続人全員で話し合いの上、合意しておくことが大切なことです。
なお、節税というのは、税法上で決められた事柄を守って、合法的に行なうのが大原則ですから、法の網をくぐるような方法や脱税とは違うことを、しっかり認識しておくべきです。
また、税法は複雑な内容のものもあり、法改正もたびたびありますので、専門家に相談しながら、相続税対策を行なっていくのがよいでしょう。

■見守り契約 

見守り契約をすることによって、定期的に本人と支援する人の意思疎通が可能になるため、備えとしての成年後見制度(任意後見)の契約をしてから数十年間本人と会わないといったようなことを防ぐことができ、信頼関係を継続させることができます。 この見守り契約は備えとしての成年後見制度(任意後見)の契約を公証人役場で締結する際にセットで締結することもできますし、備えとしての成年後見制度(任意後見)の契約をした後でも公証役場へ行かないで本人と支援する人で私的に締結することができますが、やはり同時に締結しておくことでいつ備えとしての成年後見制度(任意後見)をスタートさせるかという問題を解決してくれるのではないかと思われます。

見守り契約の内容は

見守り契約の内容は以下のとおり、見守り契約を締結する目的、本人と支援する人のとの面談について、支援する人には見守る義務があることなどを盛り込むことができます。

目的 
任意後見契約が効力を生ずるまでの間について、支援する人の定期的な連絡や訪問により意思疎通を確保し、本人の生活状況および健康状態を把握して見守ることを目的としています。
面談等
本人は、支援する人に対して、数ヶ月に1度電話で連絡をし、また、1年に1回支援する人の事務所等を訪問して面談をします。本人が負担にならないような内容の約束でないといけません。 重要な点は、面談や連絡するなかで本人と支援する人との間の信頼関係を築くことです。お互いに尊重して相手の立場への配慮が重要です。
見守り義務
支援する人は、本人の訪問と連絡を通じて、家庭裁判所に対する成年後見制度のスタートの申立をいつ行うかを考えなければなりません。任意後見契約の問題点の1つである、いつ、任意後見契約をスタートさせるか、という点を補充することができます。
 

 

新着記事一覧

カテゴリーから検索

 「おとなナビ博多」では現在、各スペースで広告・記事展開を行っていただける企業様・スポンサー様を募集中です。

 「地域に根差したサイトづくり」をモットーとして、福岡地区、および周辺地区の企業様をご紹介させていただきたいと考えております。

 スペースや期間を豊富にご用意しております。「おとなナビ博多」を通して地域のみなさまとより強く、つながりを持ちませんか?ご検討のうえ、お声がけをいただけるの を楽しみにお待ちしております。

―おとなナビ SAP-Office

母の日特集

PAGE TOP